とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

怒涛のシーズンイン

こんにちは

 

なんだかすごいことになっています。

同時進行の大会がいっぱいで、何を観ているのか、何がどうなっているのか

解らない状況です。

 

USクラシック

ネペラメモリアル

JGP/POL

それぞれにかなり日本人選手が出ていて、

それもランキングが高い選手がいたり。

海外選手も期待値の高い選手がいるので、目移りします。

そしてアメリカとヨーロッパで、時差が解らなくなっています(笑)

 

個人的な好みで、

USクラシックは、草太

ネペラは、かおちゃんとまこちゃん。

JGPはゆまち

 

を応援しているので、時間が許せば見たいと思っているのですが、

仕事している身としては、辛い。

今晩は頑張ろうと思っています。

 

その中でもやはりすばらしかったなぁと思うのは,JGP男子のバルトカップ

ポーランドですね)

SPを終えて、上位三人が80点越え(4回転跳んでないぞ)

時間の関係上、チームエテリの期待の男子、サムソノフくんと、ゆまちを

動画で見ることができました。

 

 


Daniil Samsonov (RUS) | Men Short Program | Gdansk 2019

 

 


Yuma Kagiyama (JPN) | Men Short Program | Gdansk 2019

 

いやはや。

この子たち、ジュニア?

サムソノフくんなんて、14歳かい?

サムソノフ君 SP 87.33

ゆまち    SP 84.72

 

サムソノフ君は、ジャンプは全部完璧。 ステップもスピンもすべてレベル4

ゆまちは、ルッツに!が付いてしまって、ステップがレベル3になってしまって

いますが、PCSは上回っています。

これは改善する余地がまだある、と考えてよいかも。

でも、3Aの着氷の流れはすごく良かったよ・・・・

 

二人に共通するのは、好きな選手が宇野昌磨、ということ。

昌磨は以前「僕になんか憧れて、スケートをやる選手なんかいないと思う」と

言ってたけど、なんのなんの。

ロシアのスケーターの若手は、ネイサン派と昌磨派になりつつある?と考えてもいいのでは。

でも面白いのが、サムソノフ君が少しネイサンみ、がある感じ。

たぶんネイサンがロシアンスケートを少し含んでいるのかもね。ラファの影響で。

ゆまちは、その情報知らなくても、昌磨を見てきたんだな、と感じる

スケーティング。

 

そして!

この二人のSPの点数は、同時期にやっているUSクラシックシニアのトップに

優るとも劣らない。

 

www.usfigureskating.org

 

昨日の朝からすごいものを見て出社した、わたくしですが。

帰って、USクラシックの動画を少しチェック。

 

デカの「Hip Hip Chin Chin」

かねてより、デカは緊張しい(だと思っている)ので、

SPはノリノリの音楽で身体をほぐした方がいい、と思っていた

(SPはそういうものではないが)

間違いではなかった。

ジョジョで魅せた彼の踊り心が、ここに降臨。

かつてなくすばらしいシーズン初戦の演技でしたね!

    f:id:akochanm:20190921102431p:plain

     この衣装もラテンを感じさせる

 

草太の「エデンの東

まっちーのとは全く違うけれど、浄化されていくような

素晴らしい草太のスケーティングに思いのほか、マッチしていて、

見ているうちに、心が穏やかになっていくよう・・・

4T-3Tも綺麗に決まっていて、楽しみです。

3Tが2Tになってノーカンにならなければ、90点台は射程範囲内。

いよいよ草太が本領を発揮できるシーズンとなるのか??

 

   f:id:akochanm:20190921101826p:plain

   スケーティング、スピンはこの大会で一番です!!

 

最近、みんな、チャレンジャーシリーズにどんどん参加しているよね。

腕試ししたいのか?

 

そういった中、気になるのが3強のうちの2人

我らがネイサンと日本のエース、昌磨です。

 

ネイサンは、大学に入ってから、チャレンジャーシリーズに出るゆとりがなく、

そのままGPSにイン(ジャパンオープンは出てくれています)

昌磨は今年は振付が遅くなったのと、ランビのスイス合宿に参加していたため、

いつものロンバルディアには出場せず、ジャパンオープンのあとのフィン杯に

エントリーしています。

 

二人とも、SPは THE ICEで滑ってくれているので、解るのですが

(昌磨は正式には、FOIで)

FSがなんとなーくしか解りません。

ネイサンも動画は出てきていますが、なんかまだピンとこない。

昌磨に至っては、練習動画しかない。

 

二人のフリーが見れるのは、ジャパンオープンまでおあずけ・・・・!!

と言っても、もう二週間を切っている。

二人とも滑り込めているだろうか。

とても楽しみですが、ジャパンオープンが、今年を占う大会ではないのは、

先シーズンで解った。

ネイサンはボロボロ。昌磨はまぁまあ。

でも得るものは多い。

それがチャレンジャーシリーズとジャパンオープン

 

おっと、USクラシックインターナショナルが始まります。

 

 夜は、JGP

楽しみすぎです・・・

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

チャレンジの年ですね。

今週末に、USクラシック、JGP、ネペラとまた試合が続きますね。

今は小休止。

また明日くらいから怒涛のニュースが流れ込んできます。

 

さて。

先日、Jスポで「げんさんサマーカップ2019」が放映されていたのですが、

気づいた時には、男子滑走者があと5名・・・くらいで、あわわ、と

思って録画したのですが・・・・

 

この大会は、シーズン初めにみんなが新しいプロを滑るということで、

年々知名度があがり、今年はかなり豪華なメンバーに。

ということは、みんな新しいチャレンジをして、気合が入っているのだな、と

理解しておりました。

 

昨年の全日本で気になっていた「山隈太一朗」くんも出てるから、録画せねば!と

思っていたのに、失念しておりました。

再放送もあるようなので、それを録画することにします。

    ãå±±é太ä¸æ ã©ã©ã©ã³ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

    昨年の全日本の ララランド。素敵でした!

 

ラスト5名くらいですが、気になった選手がいました。

たとえば、中村紘輔くん

冒頭の3LZ-3Tのコンボは、高さ、幅とも思わず、ハッとなるものがありました。

 

山隈くんは、笑顔がチャーミング!(演技関係ないんかい)

ジャンプとかまだ、しっくり来てないのか、乱れ気味(失礼)でしたが、

ところどころどころ、おや?と目を引く動きがあり、完成が楽しみになりました。

(実は藤井先生にも雰囲気が似ているのもツボです)

 

解説の中庭さんがおっしゃっていましたが

「FSをどれだけ通して練習してきたかによる」と。

 本人もインタビューで通し練習不足だ、と言っていたので、これからだと思います。

 

 草太も友野くんも素晴らしかったけど、全日本を目指している彼らの努力にも、

なんだかじーんときてしまった。

また再放送録画をきちんと見ることにしよう。

 

そしてロンバルディア杯。

今年は昌磨が出ないのがちと淋しいのですが、ボーヤンもアリエフ君も出ているので

見よう!と思っていたのですが、いろんなライストがタブってて、何を観ているのか

わからなくなる時がありました(笑)

 

   f:id:akochanm:20190919135700p:plain

とりあえず最終グループには間に合いました。

ボーヤン、シーズン最初なのに、素晴らしい4Lzを決めていました。

FSは、リショーさんのかな?(調べとけ)

なんだかこの間ジュニアの頃のプロを見ていたのですが、

スケーティング、表現力ともにアップしていてびっくりでした。

同時期にやっていた、オータムの羽生さんのFS抜いちゃう?と

思いきや、167.22

 

まぁ、空中での姿勢とか色々改善点はあるとは思いますが、相変わらず高いジャンプ。

PCSがなかなか上がらないボーヤン。

7点台はちょっとひどい。

ネイサンも確かになかなか上がらなかった記憶がありますが~。

 

あとは、やはりアリエフくんですね。

今年はTHEICEに来てなかったので、淋しい感じがしました。

昨夜、平昌のSPを見たのですが、手はブルブル震えていて、緊張しいなのか、と

思っているのですが、この試合は美しい演技でした!

(途中で崩れましたが)

4Lzが久しぶりに決まり、期待できそうなシーズンインとなりました。

コリヤダくんとアリエフくんは、所作とスケーティングが美しい。

アリエフくんはとくに手の表情というか、動きが素敵。

 

しかし、共通して言えるのは、ちょっと「メンタルが弱い・・・?」

 

観てごらんなさい、ロシア女子を。

めちゃめちゃメンタル強いですよ。

あまりの強さに潰しあっても起き上ってくる感じ。

(あ、だから男子が弱くなったのか)

 

まぁ、ともかく。

みんな北京に向けて、毎年チャレンジをしている姿に感動しております。

 

そうこうしているうちに、バレーボールのワールドカップは始まるし、

ラグビーも始まってしまう。

うっかりしていると、10月のJOまであんまり時間もない。

ネイサンをお迎えする心の準備もまだできていない。

 

睡眠不足な秋の始まりです。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

真剣勝負の先にあるもの~スポーツのとしてのフィギュア~

【ご連絡】

記事をアップした後、タイトルを少し変更しました。

記事の内容から、ご希望の内容と取れない可能性があるかと思いまして。

変更前・・「真剣勝負の先にあるもの~オータムクラッシックを終えて」

変更後・・「真剣勝負の先にあるもの~スポーツとしてのフィギュア~」

--------------------------------------------------------------------------------------------------

この週末は、JGPとオータムクラシック、ロンバルディア杯と

関東ローカルですが、フレンズオンアイスの放映と

フィギュアファンに取っては、眠られないほど忙しい日になりましたね。

 

その中で、睡魔と闘い、オータムクラシックの男子FPを見てました。

(そのかわりがっつり、昼まで寝てしまった・・・)

 

優勝は羽生さん。二位には、ケヴィンエイモズくん。

三位には新婚ホヤホヤ キーガンくんとなりました。

 

羽生ファンが待ちわびた、羽生さんの初戦。

観客席の最前列には、黄色の熊を持った人たちが鈴なりでした。

ソチ前にこの状況を予測していた人たちはどのくらいいたでしょうか。

正直、私は羽生さんは強くなる、とは思っていましたが、

これほどファンが増えるとは予想だにしておりませんでした。

 

試合結果と内容は私がここで語るより、SNSだったり、ニュースだったり

見た方が早くて正確だと思います。

 

あくまで結果のみ、ご覧になってくださいね。

スポーツも芸術も、結果は結果のみ。

ただ、これを見た人には、結果ではなく、プロセスが語るものが

付いてくるのです。

 

スポーツというものは、勝つためだけにあるものなのか、ということです。

 

もちろんみんな勝つために努力をしています。

でも、すべての人に「勝ち」は用意されていません。

数値の上で、勝つのはただ一人です。

フィギュアで言えば、通年は国内はナショナル。世界ではワールド。

四年に一回のオリンピックです。

 

今日のオータムクラシック。

羽生さんはノーミスの演技はできませんでした。

彼自身、ノーミスを望んでいたようです。

そして今シーズンのワールドでは、自分を越えたいといっていたようです。

それならいいのですが、

「負けるくらいなら、辞めろ。ぶざまな姿は絶対見せたくない」

たぶん彼の「負ける」というのは表彰台の順番のことだと思います。

常に強い自分というのも、そこに基準を置いていると思います。

あくまで提供されたコメントから推察した結果です。

本当に彼がそう思っているのかは知りませんが、そのように取れる発言だったと

思います。

3連覇が懸かる22年北京五輪について、羽生は「(そのシーズンまで)そのままやっていたら出ます」と、さらりと言ってのけた。大会終了後、会場内の一室で行われた日本メディア向けの囲み取材。矢継ぎ早に様々な質問が飛んだ。引き際について「負けるぐらいだったら辞めろっ、て思ってる。ぶざまな姿は絶対見せたくない」と価値観を示した上で、「明言はできないですけど、常に強い自分でありつつ、その先にそれ(北京五輪)があったらと思います」と、今後についての思いを初めて明かした。

 

www.nikkansports.com

 

でも、すべての人が勝てないから「辞めなくてはならない」のでしょうか。

勝つことだけがスポーツの価値なのでしょうか。

 

もちろん勝つために努力するのがスポーツです。

でも悲しいかな、スポーツも才能、資質というものが多く影響するため、

努力だけでもどうにもならない。

これは、万国共通なのです。

 

でもひとつのことに努力した結果が勝てばそれに越したことはないのですが、

努力し続けることにも大きな価値があると思うのです。

 

当たり前、と思いますが、そういうものの先に人の感動があるのです。

 

いつもぼんやり、と感じてはいたのですが、はっきりと明言してくれた

アスリートが二人います。

 

宇野昌磨選手とネイサン・チェン選手です。

 

昌磨先生のオリンピアン2018のインタビュー記事から。

 

昌磨先生は、このオリンピックで全国区となりましたが、それは

天然キャラのインパクトと初出場、銀メダルという快挙があったからです。

 

地元の有望選手として愛されてきた昌磨先生の言葉は、口下手ゆえ、地元とはいえども

なかなか聞く機会がなかったのですが、この記事を読んで、

びっくりしました。

Q:宇野選手が感じるフィギュアスケートというスポーツの魅力とは。

 A:スポーツは真剣勝負の先にある美しいものだと感じています。

真剣に戦いながらも、選手同士が上下関係なく、いい関係を築いていることもフィギュアスケートの魅力だと思います。

 

f:id:akochanm:20190915154738p:plain

 

www.joc.or.jp

 

スポーツの先にある「美しいもの」

それが数値化されると優勝だったりしますが、それだけではない。

なんて言葉選びが素晴らしいのでしょうか。

その先を追い求める選手の姿に感動し、応援し、力をもらっているのだ、と

改めて感じ入りました。

 

そしてネイサン。

最近のインタビューですが、まだ文字起こしがされておらず、

色んな方がSNSなどに訳してくださっている内容を見て、

またこれもしかり、と思いました。

 

こちらのインタに色々話しているのですが、

ネイサンにとっての「成功」は目標をたてて、そのために努力し、達成できなくても可能な限り近づけたらそれが「成功」となる。

スケートもそう。勝てるかどうか自分ではどうにもできないけど。

 (と話しているらしいです)

t.co

 

努力の先にある、「成功」

自分ではどうにもならない「勝利」

でも近づけることはできるし、運で取れることも、逃すこともある。

その努力する姿に人は感動します。

もちろん努力の先にある成功が一番わかりやすくはあるのですが。

 

この間のワールドでもネイサンは

「勝てなくても死ぬわけじゃない」とおもったそうです。

過去の失敗から学んだのですね。

 

私も平昌では「ネイサン、国に帰れないかも」と思ったのは

事実です。

そしてネイサンは金メダルは取れなかった。

しかし、翌日のFPで素晴らしい演技をしました。

感動しました。

彼の今までの努力の結果が、素晴らしい結果を生んだのです。

昌磨も「ネイサンの演技が一番よかった」と言ってました。

 

羽生さんにも思い出して欲しいです。

でないと、自分がつぶれてしまう。

期待するファンのため、といいつつ、自分で「幸せ」から遠ざかっている。

すべてを捨てて、スケートだけに打ち込んできた。

そういう環境にいられることもすばらしいこと。

でも、それが不幸だったと感じるなら、正しい「努力」でないと思います。

幸せを制限したら、成功がやってくる。

それは何かの対価でしか、成功はやってこないのでしょうか。

好きなスケートをやっていること自体は、幸せではないのでしょうか。

 

金銭的、才能、運、すべて揃っているから今、できている。

そういう幸せな羽生さんを見たいとファンは思っていると思います。

 

「負けは死も同然」

なんていわないで。

簡単に「死」という言葉を使わないで。

そんな事のために、スポーツはあるわけではないのです。

 

努力して、転んでも、みんなあなたの事が大好きだと思うし、

応援している。

プライドの持ち方を変えるだけです。

 

真剣勝負の先にあるもの

 

オータムクラシックを見て、演技以外で感じたことです。

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

トヨタ自動車の野望 ~ネイサンと昌磨のRoad to Beijing~

【注意】暑さのあまり筆者は妄想が過ぎております。

今日の文章については、真実と全く異なる場合がございますので、

ご了承の上、お読みください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。

本日はひょっとしたら、大変なスクープかもしれません・・・

 

トヨタ自動車は先日、スズキと業務提携と資本提携を発表しました。

来る次世代の生き残りをかけて。

 

www.yomiuri.co.jp

 

そして、ここにもうひとつ。

フィギュア界にとって、提携が生まれるやもしれません。

 

ネイサン・チェン、トヨタがスポンサーに?????

 

 

f:id:akochanm:20190911163459p:plainf:id:akochanm:20190911163612p:plain

ネイサンIGS           マネさんIGS

 

ネイサンとマネージャーさんのIGSに、トヨタが!!

しかもオリンピックマークと一緒に!

アップル本社に行って、ラスベガスのトヨタに行ったの???

どうしてトヨタ???

これは来る北京オリンピックに向けて、スポンサー話が持ち上がっているのか???

 

 

ネイサンは、確かイェールに行ったときに、ホンダ車に乗ってたはず。

インスタに乗っていた。

学内のリンク以外のリンクへ行くときは、車で30分くらい。。。と

言っていたはず。

 

 

f:id:akochanm:20190911215916p:plain

 

あれ?IGSだったかなぁ?

たまたま携帯のスクショに残っていたのですが、

さっき見たところ、残っていない。どうした、ネイサン。

 

ネイサン消した?消したのですか???

彼は、たまにインスタを消すことがあります。

昔の○○との写真とか。。。

ホンダ車に乗っていたことが都合が悪いの???

という事は・・・・

 

次はトヨタ車なんじゃね?

そして

北京のシーズンはトヨタがスポンサーになるんじゃね?

 

そうなると、昌磨のネイサン好き好き発言も、合点がいきます。

(ほんとかよ)

 

今、トヨタといえば、昌磨。

昌磨といえば、トヨタ

車を飾ってあるトヨタ博物館にも、昌磨の衣装が展示してあるくらいですもの。

 

これは・・・

「キミもトヨタグループに入らないか?」という誘いだったのか???

(違います)

     f:id:akochanm:20190912001239p:plain

いつの間にか、営業マンっぽい対応がサマになってきた昌磨先生。

 

もしくは好きが過ぎてしまい、トヨタに「ネイサンも僕と一緒にサポートして」

と頼んだのか?

 

なんにせよ。

トヨタさん。

この二人を抑えておけば、北京五輪のフィギュア男子、

表彰台、ワンツーを飾れること請け合いです!!

 

以前は中国杯は、「レクサス杯」でしたが、

諸事情があり、撤退。

BMWになったりしましたが、今年からは資生堂がメインとなります。

(でもザギちゃんは出ない。どうなっているのだ)

 

トヨタも昌磨の加入によって、面目を果たしましたが、

北米への貿易差益対策のひとつでしょうか?

ネイサンにも誘いをかけているのでしょうか。

 

もし、そうなら!!

ぜひぜひ、ネイサンにサポートを。

そして大学からリンクまで行くための、安全な車を提供して差し上げてください。

どんなことがあっても、搭乗者を守るやつ。

 

北京でメダルを取ったら、昌磨と二人でトヨタ本社に表敬訪問するのでは、と

いまからウキウキしてしまいます。

 

ということで、ネイサンは昌磨とともに、トヨタのサポートを受けて

北京を目指します

(うそです)

 

すいません、すいません、すいません!!!!!!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ジャパンオープン2019までの楽しみ方~昌磨、ネイサンに愛を叫ぶ~

 

いや、別に叫んでないですけどね。

昌磨先生(笑)

あくまで心の叫び(?)という事で。

なぜかというと、昨晩、テレビ東京系で、JOの番宣番組をやっていたので、何の気なしに見ていたのですが、各国の主要出場メンバーの紹介と過去の名演技の紹介が

ありましたので、途中からこれは、と思って腰を落ち着けてみる事に。

 

 ジャパンオープンとは

 

今シーズンを占うJO、とか煽っていますが、あまりあてには出来ません(笑)

なんてったって、ネイサン。

いやー、今だから言えるけど、昨年のJOはひどかった。(ファンです)

もうやめて!!と2018のワールドのボーヤンを彷彿とさせた。

(両方とも大ファンです!!)

 

そして同じ会場で半年後。

世界最高得点であの、羽生結弦を抑えて優勝するなんて、その時にはとても信じられなかったですもん。

友人とは

「今年はしょうがないよね、大学入学したてだもん」

「北京まで、まだあるし!!」

なんてうわごとのようにヒソヒソと話し合ったものです。

なまじ昨年も「THEICE」でノリノリだっただけに、これは・・・・!!

と思ったものでした。

 

  f:id:akochanm:20190910090759p:plain

正直、ネイサンのキスクラは直視できませんでした。

だから他のとこ見てた(笑)

 

ザギちゃんもシーズン初めだけど、かなり調子がよく、セカンドジャンプの

高さに「うっ!」と変な声を出してしまい、友人に笑われたくらいです。

でもそのあと不調に陥り、ワールドで復活。

 

昌磨はロンバルディアもJOも調子が良かったのに、ワールドは残念な結果に

終わってしまった。

 

そうなんです。

ジャパンオープンでシーズンを占う事は不可能なんです!(笑)

 

ジャパンオープンに向かうスタンスそれぞれ

 

ただ、選手としては、

「SP、FS両方はまだしんどい」

「でも試合勘は少しつけたい」

「賞金がもらえる」

「日本のファンの前だから安心して滑れる」

 

というオプション付で参加するなら、大変意義のあるものだと思います。

 

観客としては、

「今年のFSはどんなだろう」

「今年の衣装はどんなだろう」(あてはまらない人もいますが)

「シーズン初めに推し選手の演技を見れるなんて♡」

「今年の衣装はどんなだろう」(参考にならない選手もいます)

「予定構成はどんなだろう」(まったく参考にならない選手もいます)

「これだけの選手が一気にみられる機会はめったにないわ♡」

 

という感じでくれば、とても楽しい試合になります。

 

ただ、昌磨先生はいつも全力なので、最初からガンガン飛ばしてくることは

間違いないですが、他の選手はどうなのかな。

 

番宣のインタビュー

 

ところで、番宣番組の話に戻りますが。

画面を見ていたら、びっくりしました。

THEICEの時ぶっちゃけトークと同じTシャツで昌磨とネイサンが

出てきて、簡単なインタビューに答えていました。

その前のザギちゃんのインタは一人だったので、油断していました。

そしたら、なんと、またまたネイサンと昌磨の2Sインタが始まりました。

 

簡単に言うと、「THE ICE」のインタのパクリ(ちがう)ですね。

質問が

「お互いの存在とは」

「4Aについて」

そんだけです(笑)

 

質問の「お互いの存在とは」というところで、

ネイサン:「昌磨はお互いに高め合う存在」(ザックリいうと)

昌磨  :「簡単に言うと好きです」(簡単すぎ)

 

 

f:id:akochanm:20190910130006p:plain

f:id:akochanm:20190910110334p:plain

 これは、一日に一気に撮りダメしましたね?

という事は、一日に平均2回は告白してますね?

そして、たぶんJOのがあとですね?

だって「簡単に言うと、好きです」⇐ここに、言い尽くした感がみられるし、

ネイサンがびっくりしていない(笑)

 

そして共通するのが、昌磨は「好きです」と言ったあと、言った事に満足し

相手の返事を求めていない。(求めてたらある意味怖いけど)

好きな理由を語っていて、それが自分の目標だ、と言っていた気がします。

 

どちらかと言うと「THE ICE」の時には、昌磨の

「ついに本人に言ってやったぜ」感がアリアリでした。

 

ネイサンも、一緒にいるスケーターに対してリスペクトがあふれているけど、

昌磨も天然キャラと言われているけど、かなりの気遣いの人。

というか、自然に気遣いが出来ている人。

これは一流アスリートとして、重要なところです。

 

そして、昌磨が「このスケーターが大好き」という事によって、

ライバルアンチが減るんですよね。素晴らしい・・・

昌磨ファンはネイサンが好きになるし、ネイサンファンは昌磨を仲間だと思って

好きになる。

 

そんな二人が共演する「ジャパン・オープン」

益々楽しみでなりません!

(来年はコリヤダ君で、お願い致します)

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

いまどきのボーイズ 関東三羽烏(ゆまち編)

こんばんは

台風が来ているので、ムシムシ加減がハンパないです。

 

クーラーはちょっと苦手ですが、今年の湿気には参ってしまい、

めずらしくつけております。

 

さてさて。

男子のJGP,まだ前半ですが、男子の活躍が顕著ですね。

2014年の昌磨、草太、ボーヤン、ネイサン以来見たのはひさしぶり。

今回ライストを見ようと思ったのは、鍵山優真くんが出ると見たためです。

 

2019年の全日本で6位入賞した演技を見て、印象に残っていたから!

 

 

 彼は、某○ジテレビの番組で 佐藤駿くん、三浦佳生くん「関東三羽烏」のひとり、として度々紹介されていました。

佐藤駿くんは、仙台出身で、ポスト羽生結弦として有名でしたから、知ってはいたのですが、鍵山くんは、存じておらず、昨年の全日本で突如ジュニアで入賞!!

 

さもありなん。という演技でした。

今回のJGPのライストの際、TLでみんな「ゆまち、ゆまち」と呼んでいました。

なので、私もこれから失礼を省みず、ゆまち、と呼ばせていただくことに

(心の声)

 

しかし、三羽烏ってさぁ(笑)

確かに古いよね。いまどきの子は解んないよね。昭和の香りがプンプンします。

彼らも「????」でした。

でも、言い得て妙と思う私も歳なのか。

 

しかし、もっと衝撃のネーミングを見つけてしまった・・・

 
https://pbs.twimg.com/media/D86f2vmUEAAh2MZ?format=jpg&name=small
  卍ポーズなの?これ・・・・・
 
卍ボーイズ!!
本人たちはこっちのが気に入っているようですが、私のような古い人間は、
卍の方がもっと古いイメージで、しかも谷崎潤一郎をイメージしてしまうので、
退廃的な香りすら・・・・
 
 
じゃ、なんて呼べば?
考えてみたのですが。
 
「御三家」  これも古いな
「トリオ」  別にグループという訳でもない
「三銃士」  これはネイサン、昌磨、ボーヤンで使用済み
「三本の矢」 意味が違うww
「三兄弟」  同じ師匠ならいいのだが。
「三人組」  これまた、中国の文革を想像してしまう(「四人組」)
「NEXT THREE」 もう、男子バレーのパクリです。
 
うむむ。こんなところで悩むとは。
みなさん、フィギュアスケートTV!で募集しているようなので、かっこいい名前、
考えてあげてください。
 
ともあれ。
鍵山君、THE ICE新潟に出てくれたんだよね?
見たかったな!
今回のJGP見てて思ったけど、昌磨先生味がある?
 
ということで、ちょっと調べてみたら
憧れのスケーター  宇野昌磨
          (天然なとこも好きです!)←天然は認めるのね。
好きなキャラクター スヌーピー
詳細は、彼のインスタの質問箱にあります!
 
 

解説によると、お父様もフィギュアスケーターで、滑りがそっくり、と。

SPが「砂の器

FPが「タッカー」⇐すごい懐かしい・・・・

選曲にも興味ありました。

よく見てる人のスケートに似てくるよね。

だからお父様と昌磨に似てくるのかな・・・

 

滑り出してみると、一人、シニアの貫禄。

ステップアウトなどはあったにせよ、FSは4回転を2本入れる高難度。

踊り心もあり、素敵なスケートでした。

(表現が貧相で申し訳ない)

 

これは、昌磨の下が育っていない、と嘆いていた男子スケート界。

今年度シニアにあがる島田高志郎くんもそうですが、

ゆまちも北京の代表入りに名乗りをあげそうですね。

今シーズン入れて3年。

北京を狙うのであれば、来シーズンはシニアに上がりそうですね。

スキル的には問題なさそう。

 

the-ans.jp

 

このあと佐藤駿くんが、コロラドスプリングスで活躍するのですが、

先週末の「関東三羽烏」がツボに入って、思わずゆまちのみ

でつぶやいてしまいました。

 

 心配していた男子ですが、この調子だと、安心ですね。
ちょっと、ゆまちには樋渡君も連想させるところがありました。
 
何はともあれ、ファイナル進出も可能性が見えてきて、楽しみです。
 
ジュニアのGPSは勝ち抜き戦らしく、1試合目が崩れると2試合めには
派遣されないこともあるそうです。
逆に1試合よければ、2試合目も派遣される可能性もあるのですね!
 
予定では、ゆまちは5戦目のポーランドにエントリーしているそうなので、
9/18からのライストを楽しみにしていましょう。
 
 
なお、「ゆまち編」と題打ちましたが、
他の二人に触れられるかは保証の限りではございません。
 
 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ にほんブログ村」

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ジャパンオープン2019までの楽しみ方(きっとその1)

こんにちは

ジャパンオープンの日本男子の最後の一人がようやく決定し、

一安心・・・・ですね。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

今年のジャパンオープン出場メンバーは

 

【日本】

宇野昌磨

島田高志郎

宮原知子

紀平梨花

f:id:akochanm:20190908114846p:plain

【北米】

ネイサン・チェン

ヴィンセント・ジョウ

ブレディ・テネル

長州未来

f:id:akochanm:20190908114922p:plain

 

【欧米】

ハビエル・フェルナンデス

デニス・ヴァシリエフス

アリーナ・ザギトワ

アレキサンドラ・トゥルソワ

f:id:akochanm:20190908114946p:plain

【ゲストスケーター】

 

f:id:akochanm:20190908124454p:plain

   うれしい、メリチャリ・・・

 


日本だけがガッツリ現役選手ですね。

まぁ、フリーだけですしお祭り要素も否めないので。

それにすでにJGPではシーズンが始まっていますし。

 

正直三人目は、高橋大輔選手ではないかと思っておりました。

このブログでも色々予想はつけておりましたが、

大本命はあのお方かと。

唯一危惧されたのは、氷艶の疲れが取れていないのかも、ということ。

今年は国際試合のミニマムスコアを取りに行くかもしれない、ということ。

でしょうか。

 

あとはさいたまスーパーアリーナの座席です。

昨年のワールドで、男子は超満員でしたが、あのメンバーにしても女子は若干

空席がありました。

あのキャパを埋められるのは、正直、真央ちゃん、大ちゃん、ゆづの三人が

参加するか否や、だと思います。

  f:id:akochanm:20190908115817p:plain

復帰後の蝶々夫人、すばらしかった・・・・


もちろん昌磨の人気も年々うなぎのぼりとなっているのはわかります。

私の中の昌磨ファン度も年々あがっていく気がしますので←

 

でも、正直あの3人は別格です。

 

でも、本当に今回は肝を冷やしました。

昨年どおり、ネイサンと昌磨とザギちゃん、さかもっちゃんが出る、と決めてかかっていたのに、さっかもっちゃんは、出ない。

 

記憶では、一番最速の販売時に決定していたのは、

さっとんと梨花ちゃん。

昌磨も、ネイサンもザギちゃんもまだ決定していなかった、と思う。

友人がチケットを取ってくれたはいいけど、まだ発表ならず。

 

そのうちハビがインし、モンモンしていたところに、

昌磨先生とランビ伯爵がインしてくれて、一安心。

でも、まだネイサンとザギちゃんはインしない・・・・

 

そうこうしているうちに、例の上海杯の情報ですよ。

 

オリンピックのこともあるし、中国マネーもあるし、

ドキドキしましたよね・・・・

結果、ネイサンもザギちゃんもインしてくれて、ほっと一安心。

     

    昨年のものです。 まだヴェラじゃない衣装です。

 

そうなると次の心配は日本男子でした。

高志郎くんは、木下グループであるので、大ちゃんの次くらいに可能性があるかもね、と見ていました。

 

ただ、一週間前のネーベルホルンに出るので、調整が難しいかも、とも

思っています。

今シーズンは、シーズン前から怪我や体調不良選手が多い気がします。

 

ツゥルシンバエワ選手

小松原美里・ティムコレト組

ブレディ・テネル選手

樋口新葉選手

ガブリエル・デールマン選手

三原舞衣選手

 

ガビーは昨年もJOに参加前に怪我してた。

今年はテネルちゃん。もし、JOに間に合わなかったら、

誰が来るのかな

マライアちゃんかな?

 

みんな北京を控えているので、ステイヘルシーでお願いしたい!

早く治ることを祈っております。

 

さて、ジリジリと近づいてきたジャパンオープン

推し選手もそうなんですが、いかに楽しむか、です。

 

選手だけではもったいない。JOの楽しみ方

フリーだけのこの試合。

そして現役選手だけでもないJO。

キスクラもコーチ以外の人も乱入してくるので、面白さは格別(笑)

 

昨年、私が見て試合以外で、面白かったのは、

 

キスクラでの選手の動き

関係者席での、コーチやら出場選手の動き

関係者席での、関係者の表情

 

です。

もし、キスクラ横の関係者席が観れたら、是非見てください

(いいのか? いいよね!)

 

昨年のトピックスは

・昌磨先生モグモグ事件(何か食べてた)

・さかもっちゃんの「ネイサン、どした?」発言

(ネイサンのFSがあまりにも・・・・と言う結果を見て)

・ラファブチ切れ事件

(ネイサンの演技があんまり・・・だったので、ランビに愚痴っているように見えました。ランビはフンフンと聞いてスマホ触ってましたが)

・高岡会長ニコニコ笑顔

(ザギちゃん人気と演技にご満悦)

・満知子、美穂子、みどりの3ショット

・ネイサン、あまりに自分が情けなかったのか、泣きそう&すれ違うザギちゃんにも

会釈もしない事件

でしょうか。

 

テレビではほぼ映りません。

私なぞ、演技より印象に残っていることも(あかん)

 

さいたまスーパーアリーナは座席がわかっていれば、自分がどこの座席か

わかりますので、確認のうえ、双眼鏡を持っていけばよろしいかと。

 

www.saitama-arena.co.jp

たぶんワールドのキスクラの位置が、JOのキスクラと関係者席辺りです。

 

JOとCAOIまでの時間つぶし

そして、JOの終わったあとのCAOIまでの時間です。

 

2時間くらいあるでしょうか。

昨年も嵐を呼ぶ男、ネイサンが出場していたので、富山の友人が

電車が止まったので、CAOIを見て帰る(笑)と言い出したため、

みんなで、茶でもしようかと。

しかし初めてのたまあり。

よくわからなかったので、けやき広場でお店を探していました。

あげく、コンビニで立ってパンなどかじっておりました・・

 

でも、ワールドの時には、こちらで過ごしていました。

www.cocooncity.jp

 

それに、大宮まで電車で1区なんで、出た方がいいかもしれませんね。

 

大宮駅構内には、美味しそうなお店もありますし、駅を出たところにも

そごうもタカシマヤもマルイもある

(行ったことないですけど)

 

guide.jr-odekake.net

 

私は激辛好きなので、

大宮の「蒙古タンメン中本」など、訪問できたら、と思っています。

 

私は、一人の遠征のときは、一人でいられるところとか、せっかくこの土地に

きたので、行って見たい店とか探していきます。

大阪では、急遽思い立って、Biilsに行きました。

(新幹線のホームから見えたので・・・)

 

tabelog.com

 

一人のよさは、フットワークが軽い。

一人のデメリットは、提供された食事など、キャパオーバーも

自分で処理しなくてはならない。

 

すごくすごく美味しかったのですが、辛党の私には、パンケーキの量が

多すぎました・・・

(じゃ、何で行ったのか)

 

みなさん、せっかく遠征してくるのであれば、最大限に楽しめるように

調べておくのもいいですね!

 

でも一番の楽しみは、スケオタ仲間とのお話かな?

 

あれ?スケートそのものの内容が薄いなぁ・・・

きっとまた一人で妄想しているので、また思いついたら、アップしますね。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村