とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

新シーズンに向けてワクワク、ドキドキな話題が。

体調不良で、PCの前に座れず、ずっとスマホでTLを眺めておりました。

 

私の駄文をお待ちの方がいらしたら、申し訳ない、とおもいつつも、

いっそ書かなくて清々しいわ!と思われていたかも、と気を取り直し、

PCの前に着席しております。

 

さて

この三連休、中京での合宿があったため、なかなかに、話題が沢山。

みんなの新シーズンのプログラムが着々と発表されつつあり、

ワクワクしてきましたね。

男子でわかる範囲ですと・・・・

 

宇野昌磨選手

【SP】 曲 名:未定 振付師:シェイ=リーン・ボーン

【FS】 曲 名:未定 振付師:デイビッド・ウィルソン

 

本草太選手

【SP】 曲 名:エデンの東 振付師:パスカーレ・カメレンゴ

【FS】 曲 名:In This Shirt 振付師:パスカーレ・カメレンゴ

 

友野一希選手

【SP】 曲 名:The Hardest Button To Button 振付師:フィリップ・ミルズ

【FS】 曲 名:ムーラン・ルージュ 振付師:ミーシャ・ジー

 

島田高志郎選手

【SP】 曲 名:Stay(Oliver Tompsett) 振付師:サラ・ドラン

【FS】 曲 名:アーティスト 振付師:ステファン・ランビエール

 

田中刑事選手

【SP】 曲 名:Hip Hip Chin Chin 振付師:マッシモ・スカリ

【FS】 曲 名:映画「シャーロック・ホームズ」 振付師:宮本賢二

 

なんか、すごい。

昨年オリンピックだっけ?

みんなすごくチャレンジしているのが、この新プロ情報みてもわかる。

金曜日の夜、フィギュアスケートTV!観てても、感じた。

特に草太と、友野君!

やるね。やる気だね!

スケーティングは美しく、マイナスイオンを放出するような草太のスケートだけど、

上半身の動きが少々固く、直線的なのが気になってました。

怪我の影響もあるかもしれないけど、このままではやるものも制限されてきそう、と案じていたところに、カメレンゴさん!

意外に、これが初めての海外振付なんだね。ジュニアでもトップ選手だったのに。

おまけに、まっちーのエデンを!

もう、初戦がどこか気になってます!

 

そして友野君。

昨年もチャレンジングなプロとは思ったけど、正直「ミーシャ臭」が鼻についてた。

でも、今季は、ミルズさんによってもっと洗練されたものになりそう。

そして、友野君もこなれてきて、だんだんと自分のものになってきていると感じる。

これは、タツキマチダの路線で成功しそうな予感がします。

 

高志郎くんは、なんといっても、故デニス・テンの「アーティスト」

しかもランビ振付。

期待しかない!!!!

 

デカに至っては、SPかFPのどちらかは、もっとダンサブルなナンバーが良いのではないかと、感じてました(みんなそうだよね!!)

アシュリーが使っていた、「Hip Hip Chin Chin」

どんなふうに滑ってくれるのでしょうか。

FPの「シャーロックホームズ」はどのシャーロックなんだろう。

刑事だけど、私服探偵の役なのね(笑)

余談だけど、私は、シャーロキアンなので、故ジェレミー・ブレッドと、ベネディクト・カンバーバッチのシャーロックがお気に入りです。

 

女子のプロですが・・・知っている範囲は以下のとおり。

 

坂本花織選手

【SP】 曲 名:No Roots 振付師:シェイ=リーン・ボーン

【FS】 曲 名:映画「マトリックス」より 振付師:ブノワ・リショー

三原舞依選手

【SP】 曲 名:ラ・ヒターナ 振付師:デイビッド・ウィルソン

【FS】 曲 名:「フェアリー・オブ・ザ・フォレスト」&「ギャラクシー」ピアノバージョン 振付師:ローリー・ニコル

樋口新葉選手

【SP】 曲 名:Bird Set Free 振付師:シェイ=リーン・ボーン

【FS】 曲 名:ポエタ 振付師:マッシモ・スカリ

宮原知子選手

【SP】 曲 名:「Tabla and Percussion Solo」ほか 振付師:ブノワ・リショー

【FS】 曲 名:映画「シンドラーのリスト」 振付師:ローリー・ニコル

本田真凜選手

【SP】 曲 名:Seven Nation Army 振付師:シェイ=リーン・ボーン

【FS】 曲 名:ラ・ラ・ランド 振付師:ローリー・ニコル

山下真瑚選手

【SP】 曲 名:「Una Voce Poco Fa」(継続) 振付師:樋口美穂子

【FS】 曲 名:映画「セント・オブ・ウーマン」 振付師:樋口美穂子

 

女子もなかなかに、楽しみなプロが盛りだくさん。

全部探せなかったので、すいません。

 

さかもっちゃんは、両方とも楽しみ!

シェイのダンサブルなプロと、リショーさんの「マトリックス」ですって????

彼女の伸びのあるスケートとダイナミックなジャンプが生かされる素敵プロに

間違いなし!

舞衣ちゃんは、FPはローリーなのね。

うん、合っていると思う。変にダンサブルでなく、曲のイメージにあった

素敵プロになると思う。

さっとん、リショーさんか・・・・

合うだろうか。でも、彼女なりに新しいチャレンジだろう。

これは応援するしかないのだな。

 

新葉ちゃんの、ポエタ。

これも楽しみだし、真瑚ちゃんの「セントオブウーマン」

これは、「ボルウナカベサ」か?

真央ちゃんのあれか?

楽しみです。

でも、この二選手の取り扱いの仕方には、厳重注意!!です。

 

www.sponichi.co.jp

www.sponichi.co.jp

 

お二人とも、3Aを跳びたいと努力しております。

たぶん、ですが、さかもっちゃんのが、確率は高いと思う。

あのジャンプ力。

正直、さっとんは、厳しいと思う。

いかんせん、ジャンプが低い。

そうなるとかなりの回転速度が求められるが、今でもアンダー取られるのに、

これ以上・・・

それよりも、私はもっとさっとんの良さってのを生かすしかないと思うのですよ。

バカのひとつ覚えのように、3Aと....

そして、さかもっちゃんには「まずプログラムから。ジャンプはまだまだ」

と否定的な取り上げ方。

さっとんには、意欲的、と取り上げて雰囲気よく仕上げている。

どうなの?これ。

全日本の時も、ワールドも思ったけど、ちょっと神戸組に対して

サゲすぎじゃないの?印象操作もたいがいにしてほしいですね。

さかもっちゃんは、全日本女王だよ。

でも、リショーさんのプロが難しいのは、本当ですよね。

リショーさんは、特にさかもっちゃんにものすごい期待をしているので、

とびっきりのプロを持ってくるのだと思います。

彼女がそれを滑りきれた時、きっと表彰台の真ん中に立てる、と信じて。

ですので、私は、期待しかしていません。

 

その中で一抹の不安は、日本男子のツートップです。

羽生さんは、どんなプロかまだ発表してないし

(ましゃか、持越し????)

昌磨先生は、振付はまだだけど、新コーチが決まってない。

今年は決めずに、やるかもしれないのだね。

焦らないのもいいけど、やはり一人というのは限界がある。

 

ネイサンだって、一人だけど、いざ、というときには、ラファがいる、という

だけで安心感があると思う。

それだけでもストレスがかなり減ると思う。

誰かが一緒に昌磨の荷物を持ってくれる人がいないかな。

希望者を募ったら、きっと手を挙げてくれる人も多いとは思うけど、

真央ちゃんみたいに、大変なのかもしれない。

「銀メダルまで取った選手を、いまさら矯正して、悪くなったら」と

考えるのは当然ですよね。

     

     でも、この人達は、気にしないで手を貸してくれると思うぞ

 

どちらにせよ、早めに、そして良い選択ができますように。

真央ちゃんも決まらないままやっていたら、ジャンプが崩れてしまったし。

大丈夫か。テケシがいる。

その他は、おかあちゃんランビがいる。

 

きっと期待できるシーズンになる!(と思いたい・・・)

 

若い子たちが、新しい自分を求めて頑張っている。

羽生さんも、頑張ってほしいですね。

今年こそ、全日本でお手本を見せて欲しい。

 

そしてもう、すぐ始まる「THE ICE」では出演するスケーターが

すべて元気に来てくれるのを祈っています!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

結構被っている?フィギュア放送の謎

またまたうれしい情報が。

 

「THE ICE 2019」のテレビ放送が決まりました!!

8/29 日テレプラス   午後22:00~

  ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

        何度でも宣伝させて頂きますよ。

 

THE ICEは、毎年、中京テレビの地上波で放映されます。

今年もあるそうですが、スケジュールはまだわかりません。

 

そして、ネイサン&昌磨が出ている「オール・ザット・スケート2019」も!

8/29 テレ朝チャンネル2  午後6:30~21:00

 

同じ日ですね。

DVDの容量の確保を今からご準備を。

 

しかし、前々から思っていたのですが、フィギュアのTV放送って結構被ってません?

 

この間は、DOIが生放送していて、その時に、四大陸の放映(ダイジェストだったかな?)もJスポでやっていたような・・・

 

時間が被っているのと、日程が被っているのが結構あって、レコーダーが動きっぱなし。

編集したくても、次の放送が始まっているから、事前準備が必要。

オフシーズンはバンバンアイスショーやって、バンバンCSやBSで放映している。

編集の暇がなかなか取れない。

そして何を録らなくてはならないのか、そして何を録っているのか段々わからなくなってくる。

特に、「ファンタジー・オン・アイス」なんて、公演数も多いから、都度放映していたりすると、何がなんだか。

幕張だけでも、初日、楽日とか放映されていたら、それこそ訳が解りません。

 

あ、ダブってる、と思って消したら、間違ったの消してしまったり。

 

ビデオテープと違って、DVDの無常さを感じるのは、こういう時。

便利な反面、無くすのは一瞬。

さっきまで、ものすごい量の映像があったのに、今は空っぽ、なんてことも。

(私がいい例です)

 

アイスショーの放映が被るのは、なぜでしょう。

地上波だと、出演者が被らないにするのに、CS、BSではスケーターが結構

被っている。問題にはならないのでしょうか。よくわかりません。

 

理由としては、以下の事が考えられます。

 

1. アイスショーの時期がみんな被っているから。

2. 季節ものなので、CSのスケジュールが空いている時間が、各局似ている

3. 同じ時期、時間帯に放映した方が、視聴率があがる

  (同じ地区に自動車ディーラーが固まるのと同じ)

4. たまたま

 

まぁ、そんなにダブってないよ。羽生さん見たい人は、他のスケーターには

興味ないし、とかいう人ばかりだったらいいのですが(いいのか?)

 

今年は、結構ザギちゃんとか、紀平ちゃんとか、さかもっちゃんとか、バンバン出ているので、被っている事も多かろう。

スケートなら、どれも好き!っていうスケオタの方には、悩ましい番組編成であることは間違いないでしょう。

 

いやいや、野球放送なんてもっと被っているで。

と言われると辛い・・・・けど、野球は年間に一杯ある!

1球団あたりの試合数は、リーグ内対戦が25回戦総当たりの125試合、パ・リーグ6球団との交流戦が各3試合で18試合、合計143試合となります。

1球団あたりの試合数はものすごい。

あっ、でも放映される試合数は、全部じゃないよね?って言っても、それは昔の話。

今はなんといっても、スカパーがある。

baseball.skyperfectv.co.jp

全試合・・・すげぇ....改めてすごい。

フィギュアなんてね!日本人が出ない大会なんて、地上波でも放映されない時あるよ!

あの羽生さんだって、ソチシーズンのエリックボンバール杯は、Pちゃんとの対決だったけど、朝5:00とか地上波で短縮版でやってたよ。

(あのころは、まだ・・・・ねぇ。 遠い目)

 

まぁ、私たちスケオタは熱くなっていますが、日本ですら、マイナー競技。

今は、スターがいるから結構放映されている方だけど、今後どうなるか。

ライスト頼りになるかもしれませんね。

 

 

どうでもいいことを、ブツブツ朝から呟いてみました。

 

では、一日頑張りましょう!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

一安心!ネイサン&昌磨のオフショット!

スケーターのオフシーズン、どんな様子でいるか

今はインスタを選手がアップしてる人が多いので、

どんなオフを過ごしているのか、垣間見る事ができるようになりました。

 

それで、ちょっと安心したり、心配したり、でやきもきすることも。

 

心配はしてなかったけど、フリーの振付終わったかしら、とか。

慣れぬ異国の地で、ちゃんとお肉が食べられているかしら、とか。

 

そんな中飛び込んできた、このお写真たち。 

 

    

       リゾート?リゾートだよね(笑)

 

    

    大好きなお肉を前に、真剣な表情

    コメがないのが気になります。

 

ワールドの結果と、シーズン前の時期の過ごし方が、

真逆?といえるほどの状況。

 

でも、これが来シーズンに向けての二人の活躍を期待できそうな

写真でもあります。

 

ネイサンは、多忙な生活からリラックスしている一枚。

なにせ、アイスショーの合間に勉強して、昼寝して、忙しいけど

そうみせない。

そして、日本でマンションでも買った方がいいフィギュアスケーターとして、

ランビ伯爵と二人、認定されました(笑)

 

ほんとに、毎月来てるよ、この二人・・・・

 

昌磨先生は、樹くんがTwitterで、「昌磨は、食べれていない」発言があったとき、

ファンは、かなり心配していたはずです。

ちゃんとお肉とお米が食べれるかどうか、で心配するあたり、昌磨ファンの優しさが

感じられます。

 

f:id:akochanm:20190702143331p:plainf:id:akochanm:20190710125740p:plain

 

ほら、ちゃんと休むとこでは休んでいる二人・・・・

(しかし二人とも無防備だな・・・)

 

こういう姿を見せてもらえると、来るべきシーズンに向けて、がんばっているんだなー

私も頑張って仕事して、応援しなきゃねと、しみじみ思うのでした・・・・

 

あっ!ネイサン!

上海杯でなく、JOに来てくれてありがとう~!!!

良かったけど、良かったの??(なんだそりゃ)

 

7月も、8月も10月も、生ネイサンが見られる幸せ・・・・

 

とりあえず、次回は「THE ICE」大阪です。

がんばってバナーを胸の前で振ってきます!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

何が目的?ISUの倫理規定大鉈問題。

こんにちは

Yahooニュースにあがっていたので、ちょっとこれは問題になるかなーと

思っていたら、Twitterでもにぎわっていました。

 

みんながつぶやいていますので、私もチラと考えて見ました。

英語能力が壊滅的な私ですので、あくまでYahooニュースを読んでですが。

 

最初に・・・

私のYahooニュースの読み取り方がおかしいかもしれません。

本当の主旨とは違っているかもしれませんが、

一般的に読んでみるとこうなりました。

ご了承の上、お読みくださいね。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

正直みなさん、この記事読みにくくなかったですか?

誰か解説してくれないかなーと思ったくらいです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

大きく分けると以下の4項目が問題かな。

1.選手とレフリー、テクニカルスペシャリストなどの個人的関係なども監視対象

 

 

2.トップ5に入ると予想される選手と同じ国のレフリーと技術パネルは

 翌年の冬季オリンピックのその種目に任命されない。

 

3.各国の連盟会長はジャッジとして参加禁止。

 

4.接待等にも具体的な制限

 

なんか、あったりまえのことしか書かれていませんね。

これが大鉈っていうことは、公然と上記のような事が横行していたのでしょうね。

 

まず、1ですが、選手と個人的な関係を問うのは、当たり前です。

でもちょっとびっくりしたのが、

ここ。

テクニカルスペシャリストとアシスタントテクニカルスペシャリストが現役のコーチである場合、その生徒のライバルが出場している大会には任命されない。また自分の生徒がジュニアかシニアのGPシリーズに出場しているコーチは、そのシーズン中はGPシリーズ全体を通し、テクニカルスペシャリストおよびアシスタントテクニカルスペシャリストの任務につくことは出来ない。

現役コーチがテクニカルスペシャリストって事があるなんて、知りませんでしたよ。

なんですか?

では、ブライアン・オーサーや、ミーシンが、試合によっては、

キスクラでなく、ジャッジ席に座ることも可能って事ですか?

 

これは確かに大鉈ですが、これに鉈でなく、いままでメスを入れてこなかった事自体

びっくりですよ。

有名・無名に限らず、そんなことあってはならないですよね。

サッカーだって、審判は審判で、きちんと任命している。

 

それに、かの有名なコーチは、いつもレフリーだかジャッジだか呼んで

食事会など開いて、意見を聞いているといわれているのだが、それも

特別な関係ではない、と決められるのか。

特別な関係ではなく、金銭的関係ならOKなのか。

 

このニュースの私の解釈は違っているのだろうか。

だったら、まだ救いはあるのだが。

それだけフィギュアは閉鎖的な世界ということなのか。

 

そして2

うーん。これも明確なようで不明瞭。

どなたかもつぶやいていらっしゃったと思いますが、

トップ5に入りそう・・・って何だ?

一年でぐっと伸びる選手もいる。

っていうか、そういう選手を持った国はラッキーなのか?

まぁ、自国の選手を応援するレフリーなどはいますよ。

でも、堂々と特定の選手を応援している、と言っちゃう日本の審判の方もいますしね。

これもお願いしたいところだが、トップ5にはいりそう、とかどうやって

判断するの?

オリンピック前のランキングで最終Gが決まるんだから、

シーズンランキングで決めたらいい。

ワールドランキングじゃなくて、シーズンランキングね。

www.isu.org

でも、おかしいことに、ジャッジは大鉈ふるわれないのよね。

ヤフーニュースによると

「そこまでやると混乱が生じる」

なんだそりゃ、って感じですよ。

だったら、中途半端なことやってもねーって思うのは私だけ?

 

記事は、続いてこうも言っております。

これによると、次の北京オリンピックではおそらく男女シングルともに、日本、アメリカ、ロシア出身の技術パネルおよびレフリーは任命されないということになるだろう。

 中略

ソチオリンピック女子での疑惑について。

  2014年ソチオリンピックでは、女子の技術パネルの顔ぶれが疑問視されていた。

 周知のように、ソチではロシアのアデリナ・ソトニコワが韓国のキム・ヨナ、イタリアのカロリーナ・コストナーを押さえてサプライズの金メダルを獲得した。この結果に韓国からは抗議の声が上がり、スケート関係者たちの間では3位だったコストナーが金に相応しかったという意見も少なからずあった。

まーねぇ。

カロ様が金にふさわしかったか、といわれると、それもどうなんだい、とは

思いますよね。いまさら・・・

だって、私はフリーは真央ちゃんの演技しか印象にない。

キムヨナにいたっては、何滑ったっけ?って感じ。

ソトちゃんはちょっと覚えている。

それもそうだが、最終Gにいないと点数が抑えられてしまうのは、

なんとかしてくれ。

 

あと、その3ですが、

もう1つの大きな項目は、各国のスケート連盟の会長など幹部が採点に加わることを制限するルールである。

 今回の倫理規定改定では、各国連盟の会長および副会長、事務局長およびスポーツディレクターは、役職についている間は、GPシリーズ、ISUチャンピオンシップス、オリンピックにてレフリー、技術パネル、ジャッジとして従事することを禁止するという項目が入っている。

こんなの当たり前すぎて笑えたわ。

逆にやってたんかい、って事ですね。

 

その4ですが。

改定された内容の中には、大会で主催者側からゲストとして招聘された関係者は、交通費は自己負担すること、という生々しいほど具体的な記述もある。

 宿泊費や食事代などは招待側が出しても良いが、最大200スイスフランまでと規定された。日本円にしておよそ2万円あまりだから、宿泊費にしては微々たる金額である。

大会を主催する連盟が、近い将来重要な大会のパネルに選ばれるであろう国際ジャッジなどを(ジャッジに指名されていない)会場にゲストとして招待し、接待していたケースがあったのだろうと推測させる内容だ。

これも、その1に通ずる問題ですね。

ははは。

200スイスフランは一食分?それとも試合中の全食費?

だいたい、ゲストって誰さ?どういう人なの?

ISU会長さん?

この交通費って海外のゲストも含まれるの?

ゲストとして呼んでおいて、自腹で来てねって?

そんなに重要なゲストってあり?

っていうか、自腹切ってまで来たい人って、ゲストでなく、身内か

スケオタじゃね?

 

私としたら、大鉈なの?これ?

って記事でしたね。

いかにフィギュア界が深い闇に包まれた、閉鎖的な世界であることを

知らしめただけじゃないの?っと思うことしきりでした。

 

そこで深読み。

今年、また回転不足判定を大目にみる改定が入るとか。

おかしいですよね。

平昌後に、ジャンプ飛びすぎは危ないし、芸術性を損なうし、4回転を控えさせようと

する改定をしたのに、今度は、

「回転不足が多かったので、今度は緩めるよ、もっとチャレンジしてね」

って改定を入れるんですよね。

こんな朝令暮改なルール変更するISUが、一体何を目論んでいるのか。

 

特定な選手に勝たせたいっていうことでしょうよ。

昨年回転不足が多かった選手をピックアップすればおのずとわかる。

特にワールドとかの重要な試合で

(あ、うちのネイサンは違いますよ。完璧だったので)

 

と取られても致し方ない。

こんなルール改正入れるから、フォローのつもり?

「いやいや、うちはそんなつもりない。

現に、ほら、こんな大鉈入れたでしょ」とかに思えて仕方ない。

 

これが私の危惧であることを祈りますよ。

選手は真剣に競技に取り組んでいるのですから。

 

あまりくだらないことを議論するより、ジャッジとレフリー、技術パネルの

スキル向上と、AIにも回転不足判定されるような仕組みを

作ったら?

と思う今日この頃でした。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

 

JOと上海杯、悩ましい選手の争奪戦。

こんばんは。

DOIの余韻に浸っていたら、どんどん物事が進んでいて、

びっくりの一週間でした。

 

上海杯ってなに?

ジャパンオープンが取れてホクホクしているのもつかの間。

こんなニュースが飛び込んできました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019上海トロフィー主催者は、羽生結弦、ネイサン・チェン、サリーナ・ザギトワを含むトップスケーターをイベントに招待しました。ウェンジン・スイとコン・ハンが確認された。

 

2019 Shanghai Trophy organizers have invited top skaters to the event, including Yuzuru Hanyu, Nathan Chen and Alina Zagitova. Wenjing Sui and Cong Han are confirmed.

 

 なんですと???

しかも日程を調べたら、10/3から10/5

ジャパンオープンと丸被り

ISUのサイトより

isu.org

 

ジャパンオープンは10/5だけですけれども。

なんでなんで?

そりゃ、招待する分には勝ってだけどさ。

でもさ、ISUもさ、わざわざぶつけなくてもいいんじゃない?

ネイサンは中国の試合に出たことないっていってたからどうなんだろう。

北京オリンピックもあるからなぁ。断るだろうか。(羽生さん以外)

ザギちゃんだって、ロシアはスケ連の言うとおりにしないといけないから、

どう判断するかだよね。

 

なんでぶつけてくるかなー。

せめて一週間ずらすとかさ

(一週間ずらすとネイサンは無理ですけど)

欲張りだよ!!中国!!

日本だって、ネイサンと羽生さんなんて、ワールドでしか見られない。

かたや、学生生活で超多忙の世界チャンピオン

かたや、怪我療養中。今シーズンにかける五輪二連覇王者。

 

ボーヤンはどうしたのさ!!

おたくの国のスターだよ!!

JOには、無理だけど、なるべく私だってボーヤンみたいぞ。

 

昌磨のキスクラは誰のもの??

 

せめてもの救いは、JOに昌磨先生が出場されること。

ここでの注目は、昌磨のキスクラにどのコーチが座るか。ですね。

決まっていない前提だと3つくらい候補があるかな?

 

1. 美穂子先生

 でも、他の選手でないから、昨年までと同じように、関係者席にまちこと

 座っておしゃべりしているかも。

2. エテリ

 ザンボに決まっていたら、確実このひと。

 女子でザギちゃんがインすれば、濱田コーチみたく

 昌磨の横に座るという可能性も高い。

3. ランビ伯爵

 ヨーロッパチームに、ハビがインします。

 そしてゲストスケーターにはランビ伯爵が。

 もうひとりのメンバーとして、ラトデニくんが来る可能性が高い。

 昨年の織田くんのように、いない人のおかんみたいに、寄り添う可能性あり。

 

あとは・・・・ですね。

もう、誰がインするか、気が気じゃありません。

まずはアメリ

 ネイサンが来るか、ヴィンスがくるか、はたまた二人がインか?

ヴィンスが木下グループ所属になったことで、可能性が彼にぐっと振れましたね。

しかも、さっとん、紀平ちゃんがインしていることで、濱田コーチも会場に

きます。可能性が高まります。

 

でもでも、やはり人気はネイサン。

前から、人気はあったけどワールドからは、もう日本のアイスショーには

欠かせない人になってしまった。(ちょっと寂しい)

たぶん羽生さんがインしないから、ネイサン、昌磨、とそろい踏みにならないと

大会場のさいたまスーパーアリーナは埋まりません。

毎年招待しているんだから、来て!!

 

 そして日本のあと一枠は???

なんでしょうね。現役+引退ってことも加味してかんがえると

可能性は、

1. またまた織田くん

2. 木下グループ高橋大輔

3. 最近露出度高め、無良くん

4. おなじく木下グループの島田高志郎くん

5. 昌磨と仲良し、田中刑事

6. 進化中 山本草

 

くらいでしょうか。たぶん小塚くんはない(残念だけど)

友野くんも・・・あるかなぁ、でもデカと比較しても、いろんなところでちょっと

競り負けてる感がありますね。

 

安定の織田くん。

観客動員するならこのひと!高橋大輔

ひょっとして真央ちゃんがキスクラに来てくれる?無良くん。

実は一オシ、山本草太。

 

チケットはゲットしたものの、いつ発表になるか、ドキドキの毎日です。

(そうこうしているうちに、THE ICEが終わってしまう)

 

いまだ予断を許さない日々です。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

【ネイサンかっこいい!】DOI 楽日 行ってきました(その2)

こんにちは。

スケオタ年度末の忘年会にも乗り遅れております。

 

引き続き、DOI観戦記を呟きます。

 

休憩が終わり、極寒の新横浜アイスアリーナに戻った私は、

レッグウォーマーとすねの間に一個ずつと、腰とお腹にカイロを装着し、

二部観戦に臨むこととしました。

今年のワールドでも、SOIも、そんなに使わなかったので、まだまだ大量に

残っているので、消費しましょう。

 

二部スタートは白岩優奈ちゃん。

彼女は、昨年クラウドファンディングで活動資金を集めていましたね。

ティムコレト組も。

これからはそんなのも増えていきますよね。

お礼の手持ちバナーを持ってる人も結構いました。

一挙両得いい手ですね。

彼女は、昨年、シニアの試合に出つつも、ワールドはジュニアで入賞。

ミニマムスコアを取りに行った、ともJGPSの枠とりとも言われてましたが、

どうなんでしょう。

 

今シーズンはメイクも変わって、ぐっと大人っぽく、体つきも締まって、メリハリがあって良くなった。もともとジャンプもしっかり跳べる選手だったけど、

今回コンボもしっかり跳んでました。楽しみですね。

 

友野一希くん

昨年はなかなかジャンプが安定せず、残念でした。

振付をミーシャに頼んだのはいいけれど、ミーシャ臭が抜けてないなーと気にはなっていたのでした。

でも、今年は、ムーランルージュ(FP)を披露。

今回もミーシャだけど、ミーシャがそぎ落とされた演技でした。

ミーシャを咀嚼して、より友野くん、というのが全面に出てきそうな期待を抱かせるようなプロになりそう!

こちらも良かった。

 

田中刑事さん

今年のエキシビションを披露。昨年のエキシビションジョジョは良かった。

こういうプロを、SPでやった方がもりあがって、気分も上がるような気がしたのですが、どうでしょう??

今回も男っぽいダンサブルなプロに仕上がっていたのですが、

ちょっと単調になっていた感が否めない。

指先とかが、4年前と比べて格段に美しい。

これと長い手足をいかした、プロを振付師のどなたか、プリーズ!

 

ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ

マイケル・ジャクソン・メドレー』

この二人、身体の筋肉の付き方がものすごく、かっこいい!

毎回思うのだけど、運動神経もかなりすごい。

マイケルジャクソンは、いろんな人がやっているけど、この二人もプロも

かなり好き。

フランスの選手がエイモズくん、ポンさん、パパシゼ、バネッサ&モルガンと

だんだんと勢いが増してきた感。

フランス杯を以前のエリックボンパール杯のように、スポンサーがついて

もう少しメダルと会場に、お金がかけられるようになるといいな。

せめてベルシー体育館でやってほしい。

(パリ観光がしやすい)⇐コラ

 

坂本香織さん

今年のSP シェイリーンボーンの『No Roots』

昨年はブノワリショーさんの世界を見事体現していて、

どんな風にシェイの振付を滑るのか、期待してみていた。

彼女のスケーティングはダイナミックで、スピードがあり、

ジャンプはスケートの切れ目がなく、なめらか。

だから、スピードに乗りすぎるとコントロールが難しいんじゃないかな。

なんてったって、「カオリック・チャン」と呼ばれているだけに。

今回は、シェイのステップをまだ慣れないながらもうまく滑っていた。

これが完成した時がかなり楽しみ。

でも、今季シェイリーンボーン、大流行。

ソチ後のジェフみたい。

羽生の振付師とかショートカットで説明されていたけど、私のイメージは、

高橋大輔の「マンボ」とか「道化師」のイメージが強い。

あのダンサブルな振付は、アイスダンス出身の彼女の真骨頂かな、と。

 

ネイサンの「ネメシス」「キャラバン」、樋口新葉の「スカイホール」とか

昌磨の「グレスピ」(実は昨シーズンはこれが一番だと思ってる)

うまくその人に合った振付が出来る人だなーと思っている。

 

 

ヴィンセント・ジョウ

『Slow Dance in the dark』

このプロは素敵でした。

いつの間にか背が高くなって、すてきな青年へステップアップ!

情感たっぷりに、スケートを滑らせてる。

繊細だけど、以前のような神経質さが少し消え、こまやかなプロとなっている。

滑り込んだら、もっと素敵なりますね!

 

アリーナ・ザギトワ

オペラ座の怪人

真央ちゃんが引退した今、私の推し選手の坂本香織ちゃんと双璧の選手。

昨年は、色々ロシアでも叩かれたり、身体の成長とともにうまくいかない部分も多くて、大変だったと思う。

THE ICEで初お披露目だったけど、編曲が変なので、大丈夫だろうか、と心配したものだが、シーズン終わりにはしっかりと自分のものにできた曲だったと思う。

 

シーズンのはじめより、今の方が、クリスティーヌらしい笑顔ととまどい、恐れが

表現できていたと思う。

アリーナのキャラクター自体、クリスティーヌを彷彿とさせる。

純でありながら、意志は強い。でも情にほだされて、弱い部分など・・・

 

初日と二日目はコンボをつけたりして転倒と、苦しんでいたように聞いていますが、

楽は、単独ジャンプに替えて、ゆとりを持ったプロになっていました。

オフシーズンなので、そんなにムキにならないほうが良いね。

ショーなんだし、そのヘンは臨機応変に変えてもいいんだよ。

ほら、ネイサンなんか、試合だってバンバン変えてる(笑)

 

そして、ネイサン・チェン

たまにあんた誰のファンだ?という記事があるような気がしているので、

ここではネイサン愛を語ります。

 

   f:id:akochanm:20190702143331p:plain

     勉強の合間にお昼寝

 

『Land of ALL』

正直、「キャラバン」もしくは「Next to Me」と思っていた。

ここで、最後のLOA!うれしすぎる。

というのも、このプロは、昨年のTHE ICEでお披露目された時、

場内の暗く、青い照明が、作品の雰囲気にぴったりで、特に名古屋の公演での

LOAがものすごかった。(放映されていない分です)

コレオ部分の迫力と、最後のスピンなど、圧倒されて、それまで

「キャラバン、かっこいー」と言ってた自分の脳天をかち割られた気分に

なったのでした。

その時は、まだ粗削りでジャンプ構成も固まってなく

(というか構成が固まってた事があるのか?ネイサン)どうなるのだろう、という感じでしたが、間違いなく名作のひとつとなる予感がしていました。

 

全米も良かった。ワールドも良かった。すごくコントロールされていた。

特にワールドの冒頭のルッツは、かつてないほど、素晴らしいジャンプだった。

 

でも、この作品には、パッションが入ると別物になる。

そして、ワールドのパッションとショーはまた違うもの。

試合では、感情を抑えた中にコントロールされた情熱とかが表現されているけど、

アイスショーでは、やや情熱表現のが上回っている。ジャンプとかステップの制限がないので、その分ゆとりを持って身体表現できてる感じ。

来シーズンに向けても好調さを感じさせる演技でした。

(といっても、昨年もTHE ICEの時は良かったけど、JOは。。。。)

 

フィナーレでは

 

友人は、今公演は、CSで放映しているので、生では映らないようなところをチェックすると良い、という事なので、アドバイスどおり、ネイサンとザギちゃんを凝視することに決めました。

なんてったって、いろんな選手がいるので、いつも目移りしてしまうのですよね。

 

オープニングでは、最後に登場して、まるで座長のようにみんなをリード。

していましたが、フィナーレでは、会場を周回するかのように、いろんなところで

色気をふりまいておりました。

そして、ネイサンとザギちゃんが、南にそろって挨拶した後だったと思う。

二人そろって、東の私の前にやってきたのでした。

距離は推定30cmから1m以内

昨年のTHE ICEでネイサンが傍にいたときよりも衝撃を受けました。

一人ならいざ知らず、二人まとめて。

ザギちゃんの色が白くて、顔た小さくて、目がぱっちりして美しいのに加え

少しはにかんだような笑みを浮かべて横にいるネイサン。

お肌の具合も、今はよろしいようです。

そこで、ネイサンバナーを自分の前に掲げれば、

「私はあなたのファンです」アピールもできたんでしょうが、

あまりの衝撃に息も止まり、ただ、見つめるしかできませんでした。

下記の図のところの出来事です。

 

f:id:akochanm:20190703141430p:plain

 

 そのあと、ふたりの絡みのところも、西の北よりのところだったけど、

必死で追いましたよ。

ほかの選手に比べて、妙に情感が漂っていて、素敵だった・・・・

 

f:id:akochanm:20190703143015p:plain

 

そのままエンディングで、ジャンプ大会なぞ始まり、

ネイサンも4回転跳んだり、紀平ちゃんもヴィンスと4S跳んだり。

トゥルソワ先輩はリンクが狭いせいか、助走が足らなかったのかな?

転倒してしまいましたが、勝負強いところがあるので、今シーズンも試合では

きっちり決めてくるでしょう。

 

なんだか茫然としたまま、終わってしまいました。

 

あとからじわじわ来てます。

 

今回感じたのは、ロシアンガールズは今シーズンだれかは絶対にシニアの表彰台に

載ってくるだろう、と、ザギちゃんはやはりシニアの貫録。

焦らず、行ってほしいな。

あと、ネイサンは抜群の安定感。

このままだと、当分誰も追い越せない感じが漂っています。

ただ、昌磨もいまはエテリチームでジャンプを磨いていますし、羽生さんもクリケに

戻って練習を始めていると聞きます。

ヴィンスも木下グループ所属になり、学校も1学期のみで、あとは北京まで

休学らしいので、気は抜けません。

ネイサンも多分、今年度終わったら休学するでしょうね。

 

有意義な夏休みを送って、新シーズンに向けて充電してほしいです。

 

おっと、その前にTHE ICEですね。

ネイサンは、新プロを披露してくれる感じです。

ザギちゃんは、まだエキシしか解ってない(そのエキシも問題になってますが)

昌磨は、振付師だけ決まって、めずらしくTHE ICEが終わってから振付するようですので、THEICEで新プロを見れる人は全員ではないかもですね。

 

でも!いいのです。

ネイサンが男子プロを振付してくれるので!

今月末には、大阪が始まります。

楽しみに待っていることとします。

 

それでは、全員ではないのですが、私の個人的な@DOI観戦記は

このへんにて終わりとさせて頂きたく存じます。

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

DOI 楽日 行ってきました(その1)

こんにちは。

 

日曜日に新横浜アイスアリーナのDream ON Iceに行ってまいりました。

昨年、友人から「ネイサン出てるけど、行きませんか」と誘っていただき、

今年も是非ネイサンの勇姿を!と スーパープレミアムシートで観戦することができました。

ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

 https://www.onice.jp/

 

まずは、服装です。

新横は、今まで私がアイスショーに行ったどのリンクよりも激寒なリンク。

昨年は、たまらず、休憩時間にカイロを買いにコンビニへ走りました。

身体全体、というより足から冷える感じでしたので、今年もカイロを一杯持って、

レッグウォーマーをカバンに入れ、いざ参戦!

早朝の新幹線に飛び乗り、新横へ。

 

まずは、朝一で金曜日から参戦している友人と朝食。

 まずは、ショーの概要の説明を受けました(笑)

友人は、ネイサンとザギちゃんファンなので、どの席が神席か、どのジャンプの時はどこを見たらよいか、オープニングで、この二人はどの辺でどういう事をやるか、という

事を図入りで細かく説明をしてくれました。

 

友人曰く・・・

1. ネイサンとザギちゃんファンにとっては、南が神席。

 南に向かって二人はやってくることが多い。

2. 東の南寄りも神席(二人で並んで待機している事もあった)

3. 二人のちょっとした絡みがあるけど、それが他の日本人選手ペアと違って、いい。

4. ザギちゃんが、シェルちゃんとわちゃわちゃ、していてかわいらしい

  (スケートの問題じゃない)

5. ノーミスなのは、ネイサンだけ(試合じゃない)

6. 帰り際に真〇さんに会ってしまって、思わずシャッターを切った

  (おいおい)

 

まぁ、興奮度MAXと、今日で終わってしまう、という悲哀を含んだ友人の説明を聞き、期待値はいやおうなく上がっていくのでした。

他のスケーターは、どうなの、と聞くと、

「あまり覚えていない」 あかんやろ・・・

まぁ、ショーの楽しみ方は人それぞれですので、問題はありません。

 

ところでDOIは、試合でもなく、ショーでもないらしいですね。

HPによると、

ドリーム・オン・アイス 2019 は全日本選手権大会、全日本ジュニア選手権の上位入賞選手等が出演するエキシビションです。 世界的に活躍するトップスケーターたちの氷上の華麗な舞いをお楽しみください。

エキシビションなんですね。

そもそも、シーズン初めに、スケーターが慣れるためと、トップスケーターと一緒に

参加することによって、日本人スケーターの勉強になるように、とはじまったとか。

なので、出場予定選手は、

2019世界選手権、四大陸選手権、世界ジュニア、世界シンクロ日本代表
2018全日本選手権&全日本ジュニア選手権&全日本ノービスA上位入賞選手 他

なんですね。

今回は、

田中刑事 友野一希 佐藤駿 垂水爽空
女子シングル
紀平梨花 坂本花織 横井ゆは菜 白岩優奈 川畑和愛 荒木菜那 手嶋理佳
ペア
三浦璃来 / 市橋翔哉
アイスダンス
小松原美里 / ティモシー・コレト
シンクロ
神宮 Ice Messengers
ゲスト
【男子シングル】
ネーサン・チェン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョー(アメリカ)
【女子シングル】
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)
アンナ・シェルバコワ(ロシア)
アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)
【ペア】
バネッサ・ジェームス/モーガン・シプレス(フランス)

 

と盛りだくさん。

若干日本人男子スケーターが少なくて、残念です。

壺井くんが怪我をしてしまって、出れなくなったとか。

オフの時の怪我は、草太を思い出してしまうので、すごく怖い。

早く治る事をお祈りしております。

 

まずは前半戦

印象に残った演技を。

 

全日本ノービスA優勝の男女。

手嶋理佳選手と垂水爽空選手

手嶋理佳ちゃんは、名古屋の地元の番組でも出ていて、見た事があった。

だけど、びっくり。大きい(身長ね)

演技もノービスらしからぬしっかりとしたスケーティングで、驚いた。

あとは、垂水爽空くん。

彼にも驚いた。

 

スケーティングもしっかりしているけど、特筆すべきは、彼の表現力。

ノービスクラスが日本の太鼓とかの音源で、演技すると

やらされてる感が満載になるのに対し、彼は、音を自分のものにしていた。

まさに次世代の台頭を感じる演技でした。

 

横井ゆは菜選手

名古屋のGPFの時も、インターハイの時も、名古屋スケートフェスティバルの時も

ロビーとかそのあたりで見かけて、何だか知らないけど「お疲れ様でーす」と

声を掛けられる。知り合いではないけど、私を誰かと間違えてる?

それとも私の後ろに知り合いでもいたのかな。

なので、結構親しい気持ちで見てしまってます(なんでや)

鈴木明子さんを彷彿とさせる表現力。

ダイナミックでコミカルな演技もでき、今回は小悪魔的なプロ。

それも完成しそうな片鱗を残しつつ。。。

期待できますね。

 

 

ロシア三人娘

まずはコストルナヤちゃん。

びっくりしたのは、実物が小さくて細い!

でも、お顔がかなり大人びているので、バランスがちょっと・・・

これは年を経る毎に、改善されるのでしょう・・

 

トゥルソワ先輩

先輩と呼ばれる意味が解りました。

2017GPFでも拝見しましたが(敬語)そのときより、しっかりした

スケーティングと着氷。筋肉もしっかりついているけど、細い。

今年はどこかの表彰台でお見かけすると思う。

 

シェルパコワちゃん。

昨年に引き続き、DOIに参加。

昨年の「ロンドカプリチオーソ」はすごく素敵だった。

今年もリリカルで、小鹿のように細くて、バレリーナっぽい。

すごく素敵でした。

真央ちゃんファンなんだよね。

うんうん、わかるよ。

 

 とここで、休憩に。

外で温まろうとコンビニへ。

帰る際に、友人は、また〇壁さんにお会いしたのでした・・・(笑)

 

 長くなりそうなので、残りは次回に持越しです。

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村