とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

スポーツ(将棋&フィギュア)と学業の両立は可能なのか。

 学業と仕事とかスポーツの両立は可能なのか。

 

昨シーズン、私はネイサンが大学に進学するということを記事で読み、

大丈夫かと心配していました。

アメリカの大学の授業のハードさ。そして優秀な彼の目指す大学が、

ハーバードとかスタンフォードとか、並みの大学ではないということも

知っていたので。

 

f:id:akochanm:20190430145339p:plain

ポンさんちで勉強するネイサン

 

ちょうど羽生さんのcontinuを見に行っている最中、ネイサンのインスタにを

チェックしたら「Yele」と入っていたので、おお、決めたんだ、と驚き

そしてその年の彼の競技の生活がどうなるかというのを再度心配しました。

 

そしてラファとどのくらい離れてしまうのか、というのも問題なので、

イェールのある、ニューヘイブンがどの辺にあるか調べてみた。

......思いっきり東と西じゃん。

日本で言えば、北海道と沖縄くらいだよ。

大丈夫か、ネイサン。ほとんどラファと会えないぞ。

そしてリンクはどうなんだ?いくらイェールにリンクがあるって言っても、

フィギュアやってる子とかいるの?ホッケーじゃなかったっけ?

 

それからネイサンの怒涛のようなアイスショー行脚が始まった。

ワールドが終わって、すぐに、日本でのSOI(大阪)にはじまり、

長野での「Heroes&Future」(6月)

Dream on Ice (7月)

その間にアメリカでのSOIのツアーをこなして、

最後に「THE ICE」大阪、名古屋。(7月末から8月上旬)

 

特にTHE ICE、めちゃめちゃウキウキして楽しそうだったけど、

秋から忙しいよ、しかも寮に入って、はじめての親元から離れての一人暮らし。

なにもかも初めてづくめで、勉強も大変で、スケートもルール変更あって大変で・・・

 

いやな予感がしたのは、10月のジャパンオープン

会場に観に行きました。私の席は、キスクラとか関係者席がめちゃくちゃ見える席で、

楽しかったけど、ネイサンがめちゃくちゃ調子悪し。

FSで、ザギちゃんに点数抜かれちゃって、さかもっちゃんが昌磨に

「え?ネイサン、どした?」と聞いていた。

 

後日談で、どうやら体調を崩して、感染症に罹っていたらしいのですが、

そりゃそうだろう。

勉強だけでも大変なのに・・・・

今シーズンは、ちょっと無理なのかもなぁと

北京の前に休学するとも言っていたから、2年は表彰台は無理かもなとも

覚悟しておりました。

 

しかし、その予想が外れていた事をネイサンは、試合を持って

段々と否定してきたのです。

 

スケートアメリカではびっくりした。

SPは4回転1つ、FSでも3つ

でも加点のつくジャンプで、危なげなく優勝

 

続くフランス杯でもSPではミスをして3位という予想外の結果だけど、

FS番長のネイサンが、逆転優勝。

 

そして二連覇のかかるGPF

今年こそ昌磨が調子いいので・・・と思っていたら、SP、FSともに1位で

これまた二連覇。しかも10代での二連覇は羽生さんでもできてなくて、

アレクセイ・ヤグディン以来の偉業。

 

そして年末年始を越して、全米選手権。

年末のお休み、ポンさんとマライアちゃんとウフウフと楽しそうに過ごしていて、

リラックスしてるのねーと思っていたら、

SP113.42 FP228.80 脅威の344.22 でぶっちぎりの優勝。

 

ナショナルだから、参考点数だけど、(日本は厳しい)それにしてもノーミスの

素晴らしい演技だった。

 

このままワールドに来てくれたら・・・と思ったら、大学でパンデミック

起きて、ネイサンもインフルに。

おかげでワールドの前にラファと合流できず、そのままさいたまへ。

 

えええ、もうしかたないよね。今シーズンは!

と思っていたら、またまた SP FPとも堂々の一位。

ルール改定後の世界最高得点を叩きだし、ヤグディン以来の10代連覇

 

あの羽生さんのプーシャワーですら、ネイサンの引き立て役に。

そのバランスのとり方はどうなっているのか、と思ったら、

記事が出た。

courrier.jp

 

なるほど。

スケートだけを考えてなくて、勉強の時はスケートを忘れ、スケートの時は

勉強を忘れて気分転換になるのね。

ん?

こんな感じの学生生活、誰かも同じだったような・・・

 

こちらでした。

藤井聡太七段。

     ↓

うん、天才はタイムマネジメントも素晴らしいのね。

学校生活がリフレッシュになる・・・

そして学校での時間が大切・・・

大本はネイサンと同じことを言ってますね。

でも多くの凡人は、両立は無理となっていくのですけれどもね。

 

f:id:akochanm:20190430151220p:plain

タイトルに近づけるように、進歩!

二人ともサクっとおっしゃいますが、

ネイサンの大学は、日本で言えば東大より難しいし、

藤井先生も国立の高校ですよ。名古屋でも超一流とまではいかないにしても、

教育大学付属なので、授業を研究対象にしている高校なので、

授業もしょっちゅう見学されたりするし、集中しにくいと思うんですよね。

凡人の感覚でお話ししてはあかんとは思うのですが・・・・・

 

ただ、藤井先生と違って、移動距離の負担が半端ないネイサン。

そして今年は昨年より忙しいのに、昨年と同じくらい来日するネイサン。

 

ほんとうに怪我だけは注意してほしい。

藤井先生には、、、、早く和服を着て、番勝負見たい・・・・

 

二人には「スター」という重しを背負わねばならないという宿命が

課せられておりますが、そこはもう仕方のないことですので、

あきらめて、人類を楽しませて欲しいものです。

 

以上、両立を成功させている、二人の天才でした!

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村