とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

こどもの日とネイサン・チェンの日

こんにちは。

10連休も早いもので、あと1日になってしまいました。

ためていたHDDの整理は一向にはかどる気配がなく・・・

草むしりで全身筋肉痛となってしまった連休の夜・・・

 

さて本日は、日本ではこどもの日ですが、スケオタの世界では

「ネイサン・チェン」の日となっています←

 

今日は、ネイサンのお誕生日なので、

自分の思いのたけをブログに記載させて頂きます。

 

5月5日という、日本人にとって覚えやすいお誕生日にお生まれになられて、

ネイサンファンは、2~3日前からツイッターでお祝いの画像とかアップ

されています。

すごい方はイラスト、人形なぞ作っておられて、観ているだけでも

とても楽しいです。

 

昨年は自分も参加しようと意気込みましたが、

どうにもこうにも、センス良く画像を加工できないのと、

技術的にも難しかったため、断念してメッセージだけにした記憶があります。

 

さて、私が「ネイサンのファンとなったのだ!」とはっきり自覚したのが、

シニアシーズンの初めのフィンランディア杯ですが、

日本人をさしおいて、優勝して欲しい、とまで思うようになって

しまったのは、正直自分でもびっくりです。

 

f:id:akochanm:20190504223247p:plain

シニアデビューシーズン SP 海賊

その頃は、私は真央ちゃん、羽生さんを応援していたのですが、

四大陸でははっきりと、ネイサンの優勝を願っている自分に気が付いたのです。

 

そして名古屋でのGPF

絶対に行く!といっても、そこは大人気の羽生さんが出場するのは

火を見るより明らか。

案の定、友人、家族にお願いしまくっても、チケットは全然取れません。

そこに羽生さんの欠場のお知らせが。

とたんに、二次抽選でSPとエキシビションが取れたのでした。

 

羽生さん、真央ちゃんが出ていた国内試合では当たったことがないので、

初めての試合、しかも国際試合なので、

ウキウキでガイシホールに向かい、模擬キスクラで真央ベアを持って写真を撮ったり、ガチャポンで須本くんの巾着袋を当てたりしてました。

(羽生さんっぽい)

f:id:akochanm:20190504224308j:plain

羽生さんとみまごうばかりの須本くん巾着

ひとりできゃふきゃふしていたのか、苦笑いしていたキャノンのお姉さんに

「どなたのファンですか・・・?」と聞かれました。

「ネイサンです!」と答えたものの

「あっ、でも!昌磨君も応援しています。名古屋地元ですもん」

とフォローも忘れない。

ツイッターで流れてきた、ネイサンと昌磨先生の紙バナーを見せて

証明したりしてました。(やりすぎ)

 

初めて観る試合で、ネイサンのネメシスは、超絶かっこよくて

アイスショーより、煌々とした照明の下、白いリンクに黒シャツの

ネイサンを見つめておりました。

 

さてさて、そこで平昌オリンピック。

ソチの歴史は繰り返すのか?

ネイサンは上り調子だけど、今までになく、急にスポンサーが付いたり

しているので、プレッシャーはないかな、とひそかに心配しておりました。

 

こんな予感は的中して欲しくなかったけど、当たってしまった。

 

news.livedoor.com

ショートでまさかの17位。

団体から調子が悪いとは思っていたけど。

 

真央ちゃんどころのピンチじゃありません。

彼はチャイニーズアメリカン。移民の息子です。

きっと風当たりは相当キツイはず。

本当に未来ある若者の人生の一大事だったはず。

このままでは、ネイサンはアメリカに帰れない!!

 

FPはひとりで見る勇気がなく、友人宅で一緒にFPをテレビアリーナ前にて

観ることに。

 

FPは「Mao's Last Dancer」

こりゃまた難しいテーマを持ってきたなぁと思っていましたが、

シーズン当初はしっくり行っていなかったのですが、

オリンピックの舞台で完成しましたね。

正直泣けました。

 

成功してよかった。

メダルが無理でも6クアドに挑戦できた。

これで国に帰れる←

って

 

その後の彼の快進撃は語るに及ばないのですが、

平昌は彼のスケート人生において、ものすごい重要なものになったようです。

その後、ワールドで優勝した際、「これと平昌のSPと替えたくないか」と

意地の悪い質問を結構されていました。

その際彼は「オリンピックの失敗とは替えたくない」ときっぱり。

 

あのミッシェルクワンですら、3個のワールドのゴールドとオリンピックの

ゴールドと替えたいといっていたのに。

 

その結果が2019年ワールドに繋がった。

きっと今後の彼の人生において、あの失敗のおかげで

成功を積み上げていくに違いないです。

 

私なんぞ小市民はいまだに、「そうは言っても・・・」と

思うときもありますが、北京に期待できる希望ができたと

喜ぶことにします。

だって、平昌で金を取ったら、大学のために辞めてしまう可能性だって

あったのですから!

 

ところで・・・ネイサンの素敵なところなんですが、多くのネイサンファンは、

彼がクレバーであることは承知ですが、私と同じように、一人の学生として

応援しているのが、ほほえましいのです。

 

ネイサンの素敵なところは

 

1. クレバー

2. やさしい(誰にでも お蔭で男子にもモテモテ)

3. イケボ

4. 行動がイケメン(意味不明)

5. とは言ってもインスタでかわいい女の子にイイネ!しちゃうところ

 

に集約されます。(私は)

 

賢いんだけど、人がいいのか、超越してるのか。

甘党で、ラーメン好きで、犬も大好き。

ピアノもギターも弾けて、バレエも体操もできる。

おまけにイェール大に入って、勉強しつつ、スケートもこなす

(こなすどころの騒ぎじゃないですけど)

 

こんな出来杉くん、います?

でも、どこか抜けているようなところもあって、

愛さずにはいられません。

 

そのことが私より、うまく表現できているのが、以下の記事です。(ヲイ)

 

www.excite.co.jp

 

まだまだネイサンの面白い素敵なところは、一杯あるのですけど、

公にさらすのは、差し障るのとキリがないので、ここまでとします。

みなさま、残りわずかな連休をお楽しみください。

 

それでは。おやすみなさい。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村