とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ネイサン、ネメシスを韓国で滑る。

おはようございます。

昨日は「All That Skate」のライストがありましたね。

時間帯的に最初からは見られず、自宅で視聴しようとしても

ガクガクして止まってばかり。

SBSの動画がアップされるのを待っていました。

f:id:akochanm:20190607110820p:plain

(なんかめっちゃ、楽しそう)

 

ネイサンは、「Nemesis」と「Next to Me」

昌磨は「Great Sprit」と「TIME after TIME」

(すいません。他のスケーターまで追い付いてません)

 

この演目は誰が決めたのかな。

主催者側の要望?それともスケーターから?

たぶんこの二人の選曲からすると、スケーターが「これ、滑ります」

って出したのでしょうね。

「Nemesis」は今更感が強いけど、ネイサンは韓国でこれの完成形を

滑る必要性があったのだと思う。

 

平昌オリンピックのSP

団体戦から調子を崩しているのは明らかだったけど、それでも持前の精神力で

なんとか持ち直してくれると願っていた。

結果は17位。

すべてのジャンプを失敗して、まるでソチの真央ちゃんのようで、

私は演技が終わった時には、思わず手で顔を覆ってしまった。

思えば・・・今まで資金に窮していたのに、四大陸で羽生さんに勝ってから、

オリンピック前に急に大きなスポンサーがガンガンついて、

若干18歳の男子が、プレッシャーを感じずにはいられないだろうな、

とは思っていた。

 

最初は「なんて賢くて、クールな子なんだ」と思っていたけど、そんな子だからこそ、

スポンサーの意味とか、期待とか重かったんだろうな。

しかし、彼はやはりチャイニーズアメリカン。

期待が大きい分、結果が残せなかった時、帰国したら叩かれるだろう。

成績優秀で、スケーターとしても未来ある青年がこのままつぶれてしまったら、

可哀そうすぎる、と暗澹たる気持ちでいっぱいになった。

 

翌日のフリーは、真央ちゃんの時と同じで見るか見ないか迷ったけど

身内でない私が、こんななのに、コーチやご家族の心中たるや、と思い、

ここは見ながら全力応援だな!と決めた。

 

しかし、チキンな私は、一人で見る勇気がなく(笑)

友人とテレビ前アリーナで観戦することにした。

 

リンクインしたネイサンは、落ち着いた感じには見えた。

でもきっと緊張しているだろう。しない人なんていない(あ、一人いた!)

結果はフリーで1位 総合5位

あと、少しだった。

キスクラのラファの何とも言えない表情が、切なかった。

あれから、すぐ世界選手権で成功し、優勝。

そして羽生さんを含めた2019年の世界選手権でも優勝し、二連覇。

すべて平昌のSPのおかげだろう。

でも、きっと違う。

オリンピックの雪辱は、オリンピックでしか晴らせない。

 

悲しいね。オリンピックは4年に一回。

そこに選手生命のピークを持っていかなくてはならない。

でも人の年齢とピークはまちまちで、それも運命としか言いようがない。

 

ネイサンには、まだ年齢的に北京は間に合う。

でも怪我をしないか、体力的にどうか、なんて先の事はわからない。

ひとつひとつの試合をこなした結果、北京がやってくる。

 

でも、その前に。

辛い思いをした彼の地で、「Nemesis」を滑りたかったのかもしれないな、と感じた。

それは私の勝手な妄想かもしれないけど。

そして、これは考え過ぎであって、本当はもっと単純な理由だったりして。

「かっこよくて、キャーキャー言われるから」

かもしれない!

 

f:id:akochanm:20190607095608p:plainf:id:akochanm:20190607123445p:plain

かっこいいです。  右は、板前ネメシス(ネメスシ)です。

 

でも、衣装は、ヴェラでなく黒シャツです!

しかし、ワールドとか全米以外に、ヴェラに衣装着ないですね。

GPSも着ないし。

噂によると、20着くらいあるらしいけど、毎年作ってるのかな?

シニアシーズン初めも、ユニクロジャージ?みたいなので、フィン杯滑ってて、

GPS途中で衣装がそろった感じだった。

動きやすい、とは言っているが、それもネイサンの気配りか?

まぁ、黒シャツが最高にかっこいいので、私としてはこれはこれで

満足なんですけどね。

 

あとは、「NEXT To ME」 これはワールドで初めて滑ったエキシですね。

自分で振付したもの。

めちゃ、かっこいい。

でもね―、ネイサン。

「No Good」とか「パラシュート」はどした?

もっと見たかったよ!

オリンピックシーズンは「パラシュート」かと思いきや、

シェイの「NoGood」を全米で滑ったかと思ったら、

ワールドでは自分の振付の「Back from the Edge」とか持ってるくるし(笑)

今シーズンも色々気分で変えてくる。

何かのメッセージ?

 

パラシュート、大好き。リショーさんのプロ。

でも鬼のように、バレエジャンプ跳びまくるから、へとへとになるのかな?

 

f:id:akochanm:20190607123851p:plain

 

   ↑

 この後シャツインが、必ずシャツが出てきます。

動きが激しいせいなのか、シャツが短いのか?

謎です。

 

 

昌磨は、「グレスピ」と「TAT」

これも、彼の来シーズンの決意を見た気がします。

最初は、なんで全部エキシ?と思ったけど、来シーズンに向けて

気持ちを切り替えているのですね。

 

実は、私は昌磨の「グレスピ」が大大大好き。

なかなかエキシでやってくれないので、とてもうれしい。

あ、でも生で見たいなぁ。

f:id:akochanm:20190607111100p:plain

 

あとは、ヨナのパート「Issues」だけ見ました。

やっぱり継続的に滑っていないといけないんだなぁと感じました。

手の動きとか、表情とかは以前と変わらないのですが、ヨナのスピード感ある

スケーティングと確かなジャンプが見られませんでした。

そういうプロかもしれないけど、少しは・・・と思ってしまいました。

 

他のところで、跳んでるかもしれないので、週末にじっくり探してみることにします。

 

f:id:akochanm:20190607115627p:plain

こんなお写真がありました・・・・

 

なんか、違うなぁ(笑)真央ちゃんとは。

f:id:akochanm:20190607124144p:plain

 

それでは、この辺で!

彼らのワチャワチャは、「THE ICE」までのお楽しみに!

f:id:akochanm:20190607115918p:plain

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村