とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

(再掲載)いまさらTHEICE大阪初日

注意)このブログは以前、あげていたのですが、

自分のPCの調子だったり、編集画面を間違えて二つもあけていたり、

の諸事情があり、フットンダものを思い出して再度、あげております。

二度目の方がいたら申し訳ない。

かなり加除訂正ありますので、ご了承ください。

--------------------------------------

 

 

名古屋から大阪へ台風の中、THE ICE大阪へ行ってきました!

 

まず心配だったのは、新幹線大丈夫か?

紀伊半島沖に8時ごろ、と天気予報が言っていたので、

それより先に新幹線乗ってやるぜ!と7:06の名古屋発のぞみに乗って、

大阪に前乗りの友人のホテルへ向かいました。

 

デジャヴ? 昨年も傘をさして会場に向かっていたな。

とりあえず、友人と合流し、会場に入りました。

 

今年のグッズは一味ちがう

マサルグッズも少しある、とい事前情報を仕入れていたので、

通販で買う前にちょっと下見をしようと思ったら、

公式グッズの横にマサルTシャツ三種類と、なんと石川さんが!!

 

ç»å

タオル二種類と石川さんのぬいぐるみがが!!

 

石川さんというのは、石川テレビのキャラクターです。

昌磨が、SOI石川で、持たされてSNSで拡散されたとき

#ネイサンではない のハッシュタグで一躍有名に。

ネイサン好きな昌磨が、ネイサンの髪型に似てなくもない

この石川さんを持った写真なので、ネイサンではない、

でもネイサンだ、と拡散したのが事の始め。

国別でも誰かが投げ入れていました。

     ç»å

ネイサンファンの私としては、この機会に買うべきでしょう。

THEICE公式プログラムとクリアファイルを購入したあと、

石川さんのぬいぐるみとタオルを一本購入。(ここであったが百年目)

     ç»å

 

サンクスツアーにSOI、昔の数々のTシャツが溜まっているので、

今回はTシャツを断念。

(後日、やはり名古屋で買ってしまう運命になるとは・・・・!!)

 

しかし、今年の花粉症のことを思い出し、ルイボスティーを購入を検討。

しかし、ポスターを買うと三銃士のルイボスティーが三個ついてくるのか、

ルイボスティーを買うとポスターがついてくるのか混乱(笑)

高いルイボスティーだな、とおもいつつ、友人の土産に購入。

やはりポスターはかなり大きくて、かなり邪魔だった。⇐ヲイ!!

 

マサルのぬいぐるみは大物なので、名古屋でないと購入は難しいので、今回は見送り。

(名古屋では、コラントッテが出展しておりましたが、マサルはいませんでした!!

なんてことでしょう。JOには来るのでしょうか・・・・??)

 

今回は、大阪SOIの初日に、抽選があったので、会場入りする前に

入口でピコピコと抽選を申し込んだおかげか、大阪は全公演 正面ロングサイド

一列目が取れました。(こんなこと、初めてです)

ネイサンを思う気持ちが神に通じた!!!とばかりに気合をいれて

友人と席について、始まりを待ちます。

 

第一部はじまる

オープニングは昌磨とザギちゃんの短いペアプロ

その後、ネイサンと紀平ちゃんが、同色で違う色配置のTシャツを着て登場

ネイサンノリノリ

紀平ちゃんまだ慣れていない感じ(ヤツは有頂天ノリノリでしたので)

その後、さかもっちゃんとヴィンスが登場。

その後はもう、一杯出てきて、どこを見たらいいのやら。

眼がチカチカしてきた(笑)

ネイサン探していたけど、あっちこっち動くから、たまに見失う。

(そしてヴィンスと勘違いしていたり)

 

ひとりずつ紹介があるのですが、今回はやはり座長である昌磨が一番の歓声でした。

バナーも多い。

もちろんネイサンがその次でしたが、うれしかったなあ。

だってやはり日本だし、THE ICEだもの。

 

次世代スケーター

1. 本田沙来ちゃん。

大きくなったなぁ、CATSのメモリー

私にとっては、若干謎編曲。

 

2.そして、樋渡知樹くん。

真央ちゃんにあこがれて、というエピをどこかで見た。

ものすごい身体能力。エッジも深いし、バレエジャンプの開脚は

180度以上。リズム感もいいし、日本男子の強敵になりそう。

初日は、新SPとのこと。

 

3. 本田望結 EX「HAND CLAP」

さすが、女優、魅せるナンバーですね。

会場のあちこちから、かわいい!とか。歓声が聞こえてきました。

 

4. 小松原美里・ティムコレト EX「DISCO」

 

 

5. マライア・ベル 新SP 「ブリトニーメドレー」

リッポンポンが振付けたやつでしたっけ??彼女にはチャレンジングな

プロかな。

 

6. ロマン・ポンサール 「ポエタ」

生ポンさんは初めて。

身長もあるし、見栄えはするので、ジャンプが決まると相当かっこいい。

 

ブライアンジュベール以来のイケメンフランス人選手

(と思っています)

 

初日一回目はジャンプミスがありましたが、夜の部はパーフェクト。

スタオペあり。 あとは細かいところ調整だろうけど、頑張って欲しいわ。

ネイサンとマライアちゃんが、今回、ポンさんの横の争奪戦になってる(笑)

しかし、よく邪魔にされないものよ。

ポンさんもやさしいけど、マライアちゃんも相当優しいな。

 

7. 本田真凛 新FP 「ラ・ラ・ランド

このプロは彼女にすごくあっている。

若いうちは今しかできないプロを選ぶのもいいと思う。

アシュリーにあこがれているので、背伸びしちゃう気持ちはわかりますが

彼女の良さを生かすのは、こういうプロなんじゃないかな。

大人っぽいのは、もう少したってからでいいと思ってしまう。

才能はあると思うし華もある。

スケーティングはうまいし、差し出す一挙一動に趣がある。

でも、もっとジャンプが安定してくれば、なんとかなりそう????

今年は頑張ってほしいですね。

 

8. ボーヤンジン 昼 新SP 夜FP 

いつものローリーとタッグを組み、FPはリショーさんと聞いております。

ボーヤンはかなーり人気が上がってきて、この時点での一番の歓声。

そうだよね。三銃士がウリなんですよね。

優しげに見えるボーヤンですが、中身はかなり男前。

毎年、色々チャレンジしてきて、「うまくなってきたなー」としみじみ

感じるように。

 

9. ネイサン振付 チームラファによる「クイーンメドレー」

ゴールドの衣装に身を包んだ、マライアちゃんが登場。

そのあと、ポンさんとネイサンが登場。

誰がフレディ―マーキュリー衣装になるの?と思っていたら、

ポンさんが白のランニングに白パン

ネイサンは青シャツ。ゴールドもフレディっぽいので、マライアちゃんも

フレディ?じゃ、ネイサン、あーたの青シャツは何なん?(笑)

ああ、ネイサンっぽい振付だなぁ、と思いました。

誰でもそうなんだろうけど、自分が振りつけてもらった振付が

自分のコレオに入る時あるよね。(真央ちゃんも)

ネイサンが好きな身体の動き方がいっぱい詰まったもの。

でも、すごいな。好きとはいえ、キレキレ

今の現役の中でもこんなに動ける人いるかしら?

 

ほれぼれしている間に一部終了(はやっ!)

 

トイレ休憩となりましたが、

そうはいかないのが「THE ICE」

グランドフィナーレに向け、ダンスレッスンがあります。

今回は、チュッキョさんからの情報でダンス講師は、ほぼ昌磨であることはわかっていました。

 

始めてみて・・・

いつもは簡単な振付が定番なのに、思いのほか難しい振付となっており、

会場のみんなは失笑。でも昌磨への笑いは温かい。

 

第二部はじまる

通常の演技の前に、「激闘!ダンスバトル!!」のコーナー

昨年はジャンプ選手権だったけど、今年はダンスなのね。

 

以前もありましたね。

ダンスの種類のお題が出たり。

今回は、ダンス、としか決められていないところに難しさがある・・・のか?

 

審判長は昌磨、お手本は本田真凛、望結姉妹でスタート。

そして、トーナメント表が発表されます。

 

    ç»å

 

7/27 昼の部

マライア・ベルVSボーヤン・ジン

昌磨先生の「僕がなんでここに突っ立っているか、ですけど・・・」と

ゆるい審判長のあいさつから、いよいよ選手入場。

 

マライアちゃんは、某ねずみの国の衣装に身を包み、周りに「かわいい!」と

キャーキャー言われていました。

そしてボーヤン。

どんな格好で出てくるのか、と思いきや、昨年の昌子に触発されたのか、

セーラー服の ボーヤン子(笑)

 

        ç»å

 審判長の前で、水は飲むは鼻はかむわ、あげくバナナを取り出し、一口かじり、

昌磨審判長に「食べる?」と勧めるも、いらないと断られ、かごバックにしまいます。

この時点で、私の友人は、「ボーヤンかわいい」としか叫んでおりません(笑)

 

 

さて、ダンススタート!

マライアちゃんは、ちゃんと踊っていた、と思う。

しかし、ボーヤン子の動きがおかしくて、会場中、騒然。

笑いに包まれる。

どんなダンスかすでに覚えていない。

おかげで印象が薄くなり、昌磨審判長は、ボーヤン子に軍配をあげます。

 

7/27 夜の部

 

トモキ・ヒワタシVSロマン・ポンサール

このトーナメント表を見た時、ダンス畑の人が勝ち上がるのでは?と

思いましたが、そんな常識が通用しない、と徐々に判明してきます。

 

まずは樋渡くん。

アラジンの装束を身にまとい、ランプであろう、ジョウロと赤い空飛ぶカーペットを持って登場。

たちまち会場の声援を手にします。

こりゃ、ポンさんは大変だ、と思いきや、名前のコールともに現れた、

長身の青い人影。

 こちらもコスプレ。というかもはや仮装。

アラジンのジーニーの被り物で登場。これには会場もまたまた盛り上がる。

(最初、妖怪人間ベムっぽいと思った私、お許しを。ポンさん)

 

ダンスが始まりますが、ここでも私も相当ダメージを受けていたのか、

ダンスに気合が入っていたのが樋渡君ということまでは記憶があるのですが、

ポンさんがどういう動きをしていたか、もはや覚えていない。

 

しかし、哀しいかな拍手は拮抗してたので、困りながらも昌磨審判長は

ランプの精、ジーニー@ロマンに軍配を挙げる。

これにはアラジン@トモキは激しく抗議するも、ジーニーにカーペットで

引っ張られ、おとなしくなるという顛末。

 

昌磨審判長のコメントは

「拍手が拮抗していたので、難しかった。僕と違う意見の方もいらっしゃるかと

思いますが、僕は責任を取りたくありません」と職場放棄。

そんな無責任発言にも会場は、笑いが止まりません。

 

なんだかいやな予感がしてきました。

この調子でいくと、ダンスバトルではなく、昌磨審判長のおっしゃるとおり

「ダンス合戦か、コスプレ合戦かわからない」バトルに???

 

しかし、審判長自ら、今回から学ランに身を包み、バトルをエスカレートさせているのですから、納めるべきは審判長。

明日の戦いも目が離せません。

 

 

後半演技スタート

後半の第一演者は ミハイル・コリヤダ

新FP「チャップリン

チャップリンといえば、織田くん。

でもコリヤダくんのチャップリンはツルスケの美しいチャップリンでした。

 

しかし、コリヤダくんの名前がコールされると、驚き。

これまだ今日一番の歓声ではないですか!!

日本のショーは初めてですけど、これだけの人があなたを待っていたのよ!って

感じてくれるといいなぁ。

2017-2018シーズンのGPFと、ワールドで、ネイサンと昌磨と

肩を並べていた彼。

今回は、本当に笑顔でよかった。

ããã¤ãµã³ãã³ãªã¤ããæ磨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæf:id:akochanm:20190729210913p:plain

 

でも、本当にスケーティングがうまい。

今回は、ジャンプも高かった。

結婚して、メンタルが落ち着いたら、かなりの強敵。

 (ヤグディンもそういってた)

結婚おめでとう!

演技が終わって、リンクからあがる際、コリヤダ君、結婚おめでとうと

コールがあり、本田沙来ちゃんより、花束贈呈。

午後にも同じコールはあれど、花束贈呈は一回のみ。

そりゃそうだ(笑)

(後記)このあと、だんだんと簡略化されていくのであります・・・・

 

きれいな奥さんとのインスタがモニターに映されて、幸せそうなコリヤダくん。

その他のボーイズたちが、こういうお祝いされるのはいつの日か。

 

 坂本香織 新SP「ノ-・ル-ツ」

初めてシェイリーンボーンに振り付けを頼んだというSP。

ソチのあとのジェフみたく、今年はみんなシェイ、シェイばかり。

素敵な振り付けは、素敵に滑りきる度量も必要。

しかし、我らがケオリ・サカモトは、きっとやる!

まだ、こなれていない感じは受けますが、ところどころDOIの時より

進化が見られる。

 

 ヴィンセント・ジョウ 

 昼 新SP 「I Will Wait 」シェイリーンボーン振り付け

 夜 新FP すいません。わからなかった。

ヴィンスは段々安定感が増している。

でも、ジャンプの着氷が、ロシアンスタイルっぽい。

また故障しないといいが。下半身は前よりしっかりしてるけど、

まだ不安定感あり。

足が長いせいなのか?体幹が少し弱いの?

高難度ジャンプを飛ぶ方は、体幹強化は必須ですよ。

イーグル美。

でもちょっとシェイっぽくなかったかな?

 

 紀平梨花 新SP「Breakfast in Baghdad」

難しいなぁ、この曲。

シェイの曲って、かなりオーダーしないと、シェイの感覚でバンバン作られるのでしょうか。 難しい。思っていたより。

ネイサンや高橋大輔が軽々踊るから、みんな勘違いしてない?

動いて、ピシっと止めないといけないし、タイミングが狂うとジャンプミスが

発生。

うまくこなれれば、高得点となるが、この曲、天性のリズム感がいるのでは?

シェイに滑れると見込まれたなら、頑張るべし。

 

 突然、梨花&コリヤダ ペアプロ

梨花ちゃんが終わったら、突然始まった(笑)

いや、コリヤダくん、うまいからいいのよ。

いいのだけど、この必要性は?

今回、THE ICEならではのグループナンバーが、今のところ「チーム・ラファ」の

一曲だけ。

あわててつけたのか?

やるなら、もっと独立してペアプロ!ってやって欲しかったな。

 

 ガブリエラ・パパダギス/ギョーム・シズロン

ピアソラ・「ヴェノスアイレスの春」

もう、すばらしく、完璧と言うしかない。

誰かが世界遺産にすべし、とつぶやいていたが、まさにそれ。

乗ってくるとみんな手拍子とかしがちですけど、この二人に対しては、

みんな圧巻で、会場は水を打ったような静けさ。

終わってみれば、総スタオペ(に近い)

 

 ネイサン・チェン 新SP「ラ.ボエーム」

衣装も気になるところでしたが、赤色のチーフがさしてあって、びっくり。

なんだ?伊達男のような衣装。

そして曲が始まってもしばらく静止

タツキ・マチダの第九の再来?

ようやく動き出したら、かなりしっとり系。

うーんこうきたか、シェイ!

実は元アイスダンスの選手だったんですよねぇと

思い出させる振り付け。

 

高橋大輔などの振り付けをみていると、かなりダンサブルなイメージな

シェイリーンボーン。

 

ネイサンは、今年も新しい挑戦。

まるで、愛しい人をホールドしながら踊っているようなステップ。

そして、安定感ばっちりとなった4Tに、3A

(だいたい3Aをショーに入れてくるってとこが進化!!)

 

またしても、名プロの予感しかしない。

    ç»å

 

 

夕方は、FP滑っちゃう?って思ったけど、昨年ワールドから滑っている

自身振り付けの「Next to Me」

そうよね、サンバレーでまだ発表してないものね。

日本で世界初!連発させる訳にもいかない。

 

夜の部は、グループナンバー含めて、ほぼ、自分の振り付けしか滑ってない。

しかし、やりたい放題が許されるネイサン・チェン

 

今年も死角なし?

いえ、JOはちょっと鬼門ですし、この新SPは ヴェラ衣装は今までの

ように「動きやすいから」でやってもらっては困ります!!

       ããã¤ãµã³ãã§ã³ãè¡£è£ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

    いくら動きやすくてもこれは・・・・・!!

 

 アリーナ・ザギトワ 新SP 「ME Voy」

大人っぽい黒いレースの衣装。ちらりと赤い刺し色も。

曲調も、愛しいあなたとのお別れ、っていう内容らしく

ネイサンとかぶり。まるでペアプロ

早いですね。女の子の成長は。

リンク外では、昌磨を突き飛ばして遊んだりするザギちゃんなのに、

一度リンクに立つと大人の女性に。

 

 宇野昌磨   昼 「Great Spirit」 夜「This Town」

昼のグレスピがかかった瞬間、割れるような歓声。

ネイサンもすごかったけど、曲が静かだったせいもあるかもだけど、

みんな大好き、昌磨のグレスピ。

生で見るのは、昨年のNAGANO以来。

NAGANOは席も遠くて豆粒のようだったので、一列目で見れて

迫力満点。 後ろのおじさんが、「宇野昌磨すげぇ・・・」と

つぶやいておりました。

夜は久しぶりの「This Town」

あの頃より、格段に情感あふれる素敵な滑りになって戻ってきてました。

 フィナーレ

その1 樋渡くん、本田真凛、みゆ、ポンさん

その2 小松原美里/ティムコレト

その3 パパシゼ

2と3のアイスダンスペアは、古いミュージカルナンバー

「エニシング・ゴーズ」

いいよね、こういうミュージカルの曲を中心に、ショーを組み立てて欲しいな。

 

 女子のグループナンバー TWICE(知らなかった)

マライアちゃん、ザギちゃん、さかもっちゃん、梨花ちゃんが

アメリカのチアガールのようなかわいい衣装で登場。

こういうカラフルな衣装は、THEICEっぽいですよね。

 

私の方角からは、マライアちゃんが笑顔で飛び出してきました。

可愛かった!

 

 男子のグループナンバー

まずは昨年に引き続き、三銃士の紹介。

なぜか、ここでいきなり今回のTHEICEのテーマを知らされる。

「穏やかな愛」「○○な愛」

とか色々言われて「え?」っと思っているうちに、

「熱い男達の愛」とかアナウンス。

なんだそりゃ(笑)

愛がテーマなら、最初から言っておけよ(笑)

もう、最後のナンバーになってから発表って????

実はこうでしたよ、という種明かしなのかもしれないが、

会場もキャーといいながら、失笑も漏れていた。

 

 

   (これは、名古屋楽 ボーヤンのインスタから)

 

 

今年は、かっこいい皮パンに黒ジャケ 中はシルバーのシャツでした。

昨年は、三人揃って、3Aでしたが、今年は4回転!!

昼は昌磨がお手つきでしたが、夜は全員決めてました!!!

その後、二人の男子(コリヤダ、ヴィンス)も加わり、リンク内は

男だらけ状態。みんな何がなんだかわからなくなって、お隣さんは、

誰が目の前を通っても、「キャー」「ギャー」

   

        これもボーヤンから。

 

最後の方で、みんなクロスして3Aだったかな?

跳んだとき、ひとり昌磨が、リンクから飛び出たのか、飛び出そうになったのか。

反対側だったからあまり良く見えてなかったのですが、

観客席が「キャー」となっていました。

そのあと、昌磨がぺこぺこしながら、中心に戻ってきてました。

考えてみれば、この5人、複数の4回転を持つジャンパーばかり。

凄い人たち集めたな、としみじみ感動。

 

ネイサン振り付けのグループナンバーは男くさくて、かっこよかったです。

(なんだその感想)

語るべきことは、山のようにあるのですが、これを語れるようになるには、名古屋公演を全部見終えないと、心の整理できません!!!

(今はすでに終わっておりますが、相変わらず出来ておりません......)

 

 

グランドフィナーレ

みんなリンクインしてきて、まずは昌磨先生のピコピコダンスから。

スケーターのみなさんも前日練習で必死に覚えられたでしょう(笑)

 

f:id:akochanm:20190729221622p:plain

お隣さんに遠慮しながら、手を動かしていると、

私の目の前には、面白顔したガブリエラ様がいらしたり、

ニコニコのコリヤダくんが来たり。

お手振りの昌磨先生もいらした。

なので、ダンスに集中できず。

 

残念ながら、ネイサンが私の前に来たのは、周回のときのみでしたが、

後姿もイケメンでした。

 

最後はみんながはけようとしているときに、ザギちゃんが昌磨を呼び止め、

昌磨が「ん?」という顔をしているときに、さっとザギちゃんが昌磨の手を

取り、二人で最後のご挨拶。

真ん中で、ザギちゃんがくるりん、と廻って挨拶したから、昌磨も

真似してくるりん。

回転がちょっと足らず

しかし、それは、真似するところじゃないと思うが、ザギちゃんにリードされ

思わず真似してしまった感が強い(笑)

 

夜公演は、ちょっとマライアちゃんが、ふちで、マサルポーズをしかけたから、

やるのか???と思ったけど、お手つなぎのご挨拶。

 

あと、一公演を残すのみ、となってしまいましたが、一日でなんだか

一週間分見てしまったかのよう。

 

 

新潟・・・行きたかったなぁ。

友人のために、一列目を取ったのに、自分はいけない。

31日のダンスバトルは ネイサンVSボーヤン

三銃士の2人とプラス1が女装経験あり。

しかも女装しないと勝てない雰囲気になりつつあるこのバトル。

ネイサンの勝ち気が勝つか、男子としてのプライドが勝つか、見もの。

ネイサンは、女装するくらいなら、学ランか提督衣装にするよね。

 (後日、ジャスミン・チェンを見て驚愕するとはこの時は知るよしもない)

 

あー、見たいみたい!!

という事で、新潟のレポを待ちましょう!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村