とかくに人の世は住みにくい

わざわざ当ブログまで読みに来てくださってありがとうございます。趣味、日常、時事問題 何ということはない事を呟きます・・・

ジャパンオープン2019までの楽しみ方~昌磨、ネイサンに愛を叫ぶ~

 

いや、別に叫んでないですけどね。

昌磨先生(笑)

あくまで心の叫び(?)という事で。

なぜかというと、昨晩、テレビ東京系で、JOの番宣番組をやっていたので、何の気なしに見ていたのですが、各国の主要出場メンバーの紹介と過去の名演技の紹介が

ありましたので、途中からこれは、と思って腰を落ち着けてみる事に。

 

 ジャパンオープンとは

 

今シーズンを占うJO、とか煽っていますが、あまりあてには出来ません(笑)

なんてったって、ネイサン。

いやー、今だから言えるけど、昨年のJOはひどかった。(ファンです)

もうやめて!!と2018のワールドのボーヤンを彷彿とさせた。

(両方とも大ファンです!!)

 

そして同じ会場で半年後。

世界最高得点であの、羽生結弦を抑えて優勝するなんて、その時にはとても信じられなかったですもん。

友人とは

「今年はしょうがないよね、大学入学したてだもん」

「北京まで、まだあるし!!」

なんてうわごとのようにヒソヒソと話し合ったものです。

なまじ昨年も「THEICE」でノリノリだっただけに、これは・・・・!!

と思ったものでした。

 

  f:id:akochanm:20190910090759p:plain

正直、ネイサンのキスクラは直視できませんでした。

だから他のとこ見てた(笑)

 

ザギちゃんもシーズン初めだけど、かなり調子がよく、セカンドジャンプの

高さに「うっ!」と変な声を出してしまい、友人に笑われたくらいです。

でもそのあと不調に陥り、ワールドで復活。

 

昌磨はロンバルディアもJOも調子が良かったのに、ワールドは残念な結果に

終わってしまった。

 

そうなんです。

ジャパンオープンでシーズンを占う事は不可能なんです!(笑)

 

ジャパンオープンに向かうスタンスそれぞれ

 

ただ、選手としては、

「SP、FS両方はまだしんどい」

「でも試合勘は少しつけたい」

「賞金がもらえる」

「日本のファンの前だから安心して滑れる」

 

というオプション付で参加するなら、大変意義のあるものだと思います。

 

観客としては、

「今年のFSはどんなだろう」

「今年の衣装はどんなだろう」(あてはまらない人もいますが)

「シーズン初めに推し選手の演技を見れるなんて♡」

「今年の衣装はどんなだろう」(参考にならない選手もいます)

「予定構成はどんなだろう」(まったく参考にならない選手もいます)

「これだけの選手が一気にみられる機会はめったにないわ♡」

 

という感じでくれば、とても楽しい試合になります。

 

ただ、昌磨先生はいつも全力なので、最初からガンガン飛ばしてくることは

間違いないですが、他の選手はどうなのかな。

 

番宣のインタビュー

 

ところで、番宣番組の話に戻りますが。

画面を見ていたら、びっくりしました。

THEICEの時ぶっちゃけトークと同じTシャツで昌磨とネイサンが

出てきて、簡単なインタビューに答えていました。

その前のザギちゃんのインタは一人だったので、油断していました。

そしたら、なんと、またまたネイサンと昌磨の2Sインタが始まりました。

 

簡単に言うと、「THE ICE」のインタのパクリ(ちがう)ですね。

質問が

「お互いの存在とは」

「4Aについて」

そんだけです(笑)

 

質問の「お互いの存在とは」というところで、

ネイサン:「昌磨はお互いに高め合う存在」(ザックリいうと)

昌磨  :「簡単に言うと好きです」(簡単すぎ)

 

 

f:id:akochanm:20190910130006p:plain

f:id:akochanm:20190910110334p:plain

 これは、一日に一気に撮りダメしましたね?

という事は、一日に平均2回は告白してますね?

そして、たぶんJOのがあとですね?

だって「簡単に言うと、好きです」⇐ここに、言い尽くした感がみられるし、

ネイサンがびっくりしていない(笑)

 

そして共通するのが、昌磨は「好きです」と言ったあと、言った事に満足し

相手の返事を求めていない。(求めてたらある意味怖いけど)

好きな理由を語っていて、それが自分の目標だ、と言っていた気がします。

 

どちらかと言うと「THE ICE」の時には、昌磨の

「ついに本人に言ってやったぜ」感がアリアリでした。

 

ネイサンも、一緒にいるスケーターに対してリスペクトがあふれているけど、

昌磨も天然キャラと言われているけど、かなりの気遣いの人。

というか、自然に気遣いが出来ている人。

これは一流アスリートとして、重要なところです。

 

そして、昌磨が「このスケーターが大好き」という事によって、

ライバルアンチが減るんですよね。素晴らしい・・・

昌磨ファンはネイサンが好きになるし、ネイサンファンは昌磨を仲間だと思って

好きになる。

 

そんな二人が共演する「ジャパン・オープン」

益々楽しみでなりません!

(来年はコリヤダ君で、お願い致します)

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村